辻元清美の過去の疑惑を調査!韓国人からの献金の本当の理由も!

辻元清美議員が韓国人がら外国人献金を
受けたとして、政治資金規制法の違反で
辞職するのではと話題になっています。

そんな辻元議員には、過去にも疑惑があったのではと
言われたり噂されたりしています。

今回は、辻元清美議員の過去の疑惑と言われている
のは、どんなものか?

今回の、韓国人からの献金の本当の理由
調べていきます。

スポンサードリンク


辻元清美の過去の疑惑?

辻元議員の疑惑について調べてみると
彼女は、なんと過去に秘書費用を国から搾取
したとして、有罪判決を受けているのです。

えっ!本当と思わる方もいると思いますが
本当なんです、しかも極めて悪質な犯行行為だと
断罪されています。

更に調べていくと、過去の疑惑が明らかになりました。

辻元清美秘書給与流用事件

辻元清美秘書秘書給与詐欺事件

  • 社会党所属議員(照屋寛徳参院議員)の私設秘書Hを、
    辻元自身の政策秘書だとした。
  • H氏は、辻元氏の勤務実態がなのに、私設秘書として
    国を騙して費用を受けていた。

この事件で辻元氏は有罪判決を受けています。

このとき、有罪判決を受けた国会議員だなんておかしい。

悪質とまで言われたこの事件、まともな人間ではない
議員を辞職すべきだ。

などと騒がれていた。

辻元清美議員の生コン疑惑

現在多くの逮捕者が出ている、関西生コン問題。

この関西生コン疑惑ももたれています。

【関西生コン疑惑】とは

森友学園問題のことで、辻元議員が関わっていた

◎ゴミに混じった土を小学校の敷地内に埋めたと
証言した作業員は辻元議員が派遣した人物だった。

◎国有地だった「野田中央公園」を市が購入
する際、民主党政権で国交副大臣だった
辻元議員が国庫補助金を出させた。

これはネットで拡散されていた内容です。

そして報道関係も、民進、辻元清美氏新たな3つの疑惑として報道
されています。

このことについて、辻元氏側は完全否定しているが
今現在もはっきりとした説明はありません

関西生コンの収賄、贈賄疑惑今後どうなるのか
それとも得意のだんまりでのりきるのか?

注目していきたい問題です。

スポンサードリンク


韓国人からの献金、本当の理由は?

辻元清美議員、韓国人から献金を受けていたことは
外国人から献金を受けてはいけないという
政治資金規制違ということで今問題になっています。

そして辻元氏は違反だと指摘されると、2013年、2014年の
2年分を寄付として計上、会計処理をしたのです。

2013年に1万円、2014年には12,000円と
金額にしては、それほど多くありません。

このことはニュースを通じて多くの方はご存知ですね。

しかしこのことで私は少し疑問があるのです。

辻元氏や立憲民主党の対応・・!

ちょっとおかしくありませんか?

辻元氏や立憲民主党は、この問題に対するツイッターを
既読として、なにも答えようとしなかった。

単なる韓国人からの献金、(辻元氏側は寄付と言っている)なら
何故それほどまで頑なに隠す必要があるのか?

献金ではなく、寄付って・・・おかしいでしょう?

韓国人から、献金を受けた大変だ・・ってことだけでしょうか?

いやそのようなことだけではなさそうです。

もっと他に本当の理由が有るのか?本当の理由とは?

1,外国人からの献金は辻元氏だけではなく、他の野党議員も
受けていたとか?

2,あるいは、献金だけけでなく
他にも支援を受けていた。

3,なにか調べられると困ったことがある。

辻元清美氏に献金した韓国人弁護士(イム・ボンブ)は
公安の調査対象で北朝鮮系!!。

この弁護士との関係も説明がいりますね。

今回の外国人からの献金問題も、しっかりと国民が
納得する説明が必要のようです。

これは何時も貴女が、与党の議員に対して言っている言葉で
何時ものお得意のブーメランですか?

だんまり戦術でしょうか?

はっきりとした方が良いですよ!

まとめ

今回は、辻元清美氏の疑惑問題に
焦点を当ててきましたが。

これは、与党、野党問わず
疑惑が有るなら、国民が
納得する説明が必要です。

そして、国会って何でしょうか?

人の事を、避難したりバッシング更には
失敗を糾弾すいるところなんでしょうか?

確かに、避難される問題も有るでしょう
しかしそのことより、もっと国民生活に
大切な問題や法案のことなどは

どっちでもいいというのですか

どうしてもやりたいのであれば
テレビ中継のない、別の場所で

新たな時間を設けてやるべきだろうと
私は思っています。

正常な国会運営、是非お願いします。

今日も最後までご覧いただきありがとう
ございました。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする