nhkプラスの申し込み方法や解約できるか調査!追加料金なして本当?

こんにちは、レチェです。

NHKは、昨日3月1日より地上デジタル放送のネット配信「NHKプラス」開始しました。

「NHKプラス」開始で、スマートフォンアプリやパソコンのWebブラウザなどからNHKの番組が視聴でします。

ただし、3月1日からの開始は、試験期間のため午前7時~翌午前0時までの17時間のリアルタイム配信されます。

本格的な開始は、4月1日からで、午前6時~翌午前0時までの18時間配信されます。

そこで、今回NHKの新たなサービス

「NHKプラス」とは?

「NHKプラス」の申し込み方法!

解約はできるのか?

追加料金は無料?

について調べて、紹介します。

スポンサードリンク


「NHKプラス」とは?

NHKの地上放送テレビ番組を、インターネットで放送と同時に視聴できるサービス。

現時点で、利用できる端末は、PCまたはスマートフォンのWebブラウザ

iPhone/Android向けのアプリ

NHKプラスサービスでできる事

【放送同時配信】

パソコンやスマートフォン、タブレットで、総合テレビやEテレの番組を放送と同時に視聴できます。

※配信の権利や番組の都合上、番組の全てや一部が配信されない場合があります。

【見逃し番組配信】

総合テレビやEてれの番組放送後から7日間いつでも視聴できます。

※配信の権利や番組の都合上、番組の全てや一部が配信されない場合があります。

【プレイリスト】

見逃し番組をジャンルやテーマ別に並べ、番組を見つけやすくしました。

【番組を探す】

見逃し番組を、日付やチャンネル、キーワードで探すことができます。

NHKプラスを利用すると、今までできなかった

NHKの番組をテレビの前以外、通勤中や仕事の休憩中、家事の合間でも見ることができる。

災害時に、いつでもどこでも情報が得られる。

放送から1週間、見逃し番組配信で見ることができる。

今後ネット社会に向けて、新たなサービスとして注目されるようになるのではないでしょうか?

「NHKプラス」の申し込み方法!

1、NHKプラス案内ページにアクセス、またアプリをインストール。

NHKプラス案内ページ

ID登録のため、受信契約の確認が必要です。

メールアドレスを入力

NHKからメールが届きます。

受信情報等の入力

入力は10分程度かかります。

この時点で視聴が可能です。

NHKからハガキが届きます。

ハガキに書かれてる確認コードを入力。

ハガキは、ご契約者の住所に、約1~2週間後に送ります。

※ID登録は、NHK受信登録者のみができます。

※ひとつのIDで同時に5画面まで番組をご覧頂けます。

スポンサードリンク


解約はできるのか?

解約については現在あきらかになっていません。

解約ができるのか、明かされていないので解約はできないのか?

解約は出きると思います。

しかしNHKの解約は、以前は複雑であったため、諦める方も多くいましたが

NHK受信の解約に対する手続きについて、国民からの苦情が多く、行政指導もあり

令和元年10月31日より、解約手続きの仕方が分かり安くなりました。

受信契約がどのような場合に解約になるのか、手続きの連絡先を掲載されています。

NHKホームページ内の「受信料の窓口」

URL: https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/

NHK解約も、簡単にできるようになったので

NHKプラスの解約も、登録後解約できるか現在ではあきらかになっていませんが、解約はできるのではと考えたい。

追加料金は無料?

NHKプラスは、受信料を財源とする放送を補完するサービスです。

したがって、受信契約者本人や、ご本人と生計を同一にする方は、最大5つまで追加料金はいりません。

詐欺にご注意ください!

「NHKプラス」に関して、訪問・電話・郵便・メールを問わず、追加料金の請求を行うことはありません。
またサービスの利用登録にあたり、銀行口座やクレジットカードの情報は必要ありません。

ただ、ネットでは

いつまで無料か?

しばらく経ってから有料になるのでは?

など懸念する方もいるようです。

それではNHKプラスについてはこのへんで!

いつもご覧いただきありがとうございます。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする