増山江威子(ますやまえいこ) の若い頃は?現在声優や不二子役引退!

ルパン三世の、原作者モンキーパンチさんの死去で急遽、追悼のため金曜ロードショーで「ルパンVS複製人間」が放映されます。

ルパンといえば切っても切れないのが、峰不二子さんです。

その声優を努めているのが、現在82歳の増山江威子(ますやまえいこ)さんです。

今日はその増山江威子さんについて、若い頃のことや現在声優や不二子役を引退している事について述べていきます。

スポンサードリンク


増山江威子(ますやまえいこ)のプロフィール

名前:増山江威子(ますやまえいこ)

本名:政田知子(まさだともこ)

出身地:東京都

生年月日:1936年4月22日(82歳)

血液型:O型

身長:155cm

職業:女優、声優、ナレーター

事務所:青二プロダクション

配偶者:あり

参照:wikipedia

増山江威子さん、幼い頃は赤面症だったんですね。

人の前では、小さくなっていたんでしょうね。

そのような彼女の姿を周りの方が、見るに見かねて児童劇団入を勧めたみたいです。

最初に入団した劇団は、影万里江、毒蝮三太夫、稲吉靖司らが所属していた劇団「山王」で、数年後に劇団四季に移籍しています。その四季でアフレコの仕事をしているうちに声の仕事に興味を持ったようです。

そして1960年代から、声優として活躍している青二プロダクションに所属、ルパン三世の峰不二子の声優や、ナレーションなどで活躍しています。

彼女は、青二プロダクションに移籍後は、魚が水を得たがごとく、少女から大人の女性まで声優としての才能を開花させ、多くの作品に出演しています。

その後、彼女の当たり役といいっていいでしょうね

ルパン三世飲みに富士子役・・・で男性を魅了。

しかしこれは、声だけだったのか?

私は不二子役の増山江威子さんを画像で見て、少しがっかりしました。

なんと言ったって、不二子って男性が好きになる女性として、スタイルはいいし、体もくびれていて、ルックスもいい、そのような女性ですからね。

声優さんに望むのは無理とわかっていても、がっかりしましたね(笑う)

増山江威子の若い頃は?

増山江威子さん、四人兄弟の末っ子で、幼い頃は赤面症で人の前では言いたいことも言えない方だったようです。

その赤面症をなんとかしようと、勧められて児童劇団に入団したのは一二歳の時、最初に劇団「山王」に入団、数年後スカウトされ劇団四季に移籍、その四季でアフレコの仕事をしたことが後々、声優として活躍するとは誰も思っていなかった。

人の運命とは不思議なもので、もし彼女が幼い頃赤面症でなかったら、児童劇団にも入団していなかっただろうと考えると、幼い頃赤面症で良かった・・!

彼女は、青二プロダクションに移籍後は、魚が水を得たがごとく、少女から大人の女性まで声優としての才能を開花させ、多くの作品に出演しています。

中でも峰不二子役では、男性なら誰もが憧れ好きになる不二子から発する、セクシーな声を演じきり、不二子役の声優さん、不二子のようにセクシーな方なんだろうかと、僕は思っていました。

さらに、劇団四季でアフレコという仕事をしていなければ、声の仕事に興味を持つこともなかったと考えると、増山江威子さんは、声優になるべきとしてなったように思えます。

若い頃声優の仕事に興味を持った、増山さん多くの作品に出演しています。

鉄腕アトム

魔王使いサリー

怪物くん

巨人の星

アタックNo.1

ムーミン

アンデルセン

天才バカボン

ふしぎなメルモ

キューティーハニー

パーマン

お化けのQ太郎

増山江威子さん、若い頃から声優として才能を十分に発揮。

「天才バカボン」では、赤塚不二夫さんから増山江威子さんの「ママの声だけは絶対にかえないで欲しい」と言われたそうです。

原作者自ら、その才能を評価していたようで、赤塚不二夫さんの没後2015年まで増山江威子さんが。ママ役を勤めていたようです。

増山江威子さん、若い頃は子供から大人まで女性を演じ、純粋な少女やお円場な少女まで幅広く活躍しています。

中でも、パーマンのパー子とお化けのQ太郎のU子での独特のダミ声には驚いたものです。

スポンサードリンク


現在は、声優や峰不二子役を引退?

1936年4月22日生まれで、現在82歳の増山江威子さん。

ナレーションのお仕事を中心に活躍しています。

増山江威子さんの代表作と言えば『ルパン三世』の峰不二子で、現在でも根強いファンがいるそうです。

現在でもといったのは、増山江威子さん二代目の峰不二子さんで、現在三代目は沢城みゆきさんが努めています。

一代目の峰不二子役の声優、二階堂有希子さんから、二代目の増山江威子さんに変わる時、な何故、二階堂さんから変えるんだと酷いバッシングをされたそうです。

バッシングされた、増山江威子さん良い気はしなかった、悲しかったと言っています。

その事があって、二階堂さんのような峰不二子になれないなら、自分流の新しい峰不二子になるんだと決意、全く新しい峰不二子を作り出し、今では峰不二子即増山江威子と言われるよになっています。

そんな苦労をした峰不二子役を最初に演じたのは、1977年のTVアニメ版第2シリーズからで、TVシリーズ終了後も劇場版、テレビスペシャルと立て続けに演じ、2010年の『ルパン三世 the Last Job』でも昔と変わらぬセクシナー声で、人々を魅了しています。

現在は、年齢82歳で声優として、又峰不二子役としては年が行き過ぎて、思うように演じきれないので、引退しているそうです。

しかし、考えてみれば74歳まで、セクシーな声を披露し続けていた増山江威子さん、ご苦労さま、有難うと言いたい。

ただ一番長く峰不二子役を演じた増山江威子さん、現在でも峰不二子即増山江威子だと思っている方も多くいるようなので、モンキーパンチさんの追悼として、放映される『ルパン3世』
峰不二子を楽しみたいと思います。

旦那は誰?

結婚の詳細についての情報がほとんどありませんので、増山江威子さんの旦那さんは一般の方ではないでしょうか?

いつごろ結婚されたのか分かりませんが、旦那さんルパンに似ていてカッコのぃい方だった子もしれませんね。

ただ、増山江威子さん結婚後は、家庭と仕事を両立するため『声優一本』に絞り仕事をしていたそうです。

この事は、インタビューで「舞台やドラマまでやる余裕がなかった』と語っていますが、本当は子供さんのことを思ってのことことだったのではと私は思っています。

子供さんの弁当は、忙しい中ずっと手作りだったと言うことから、子供さん思いの優しいお母さんとして、又奥さんとして頑張っておられたんですね。

結婚して、仕事を声優一本に絞ったりして頑張っているのは、声優としての仕事を理解してくれる旦那さんは、増山江威子さんの一番のファンかもしれませんね。

まとめ

ルパン三世の原作者、モンキーパンチさんの死去に伴い、追悼として放映されるルパン三世。

今回は、そのルパン三世に登場する峰不二子役の声優、増山江威子さんを取り上げましたヶ丘がでしたか?

峰不二子役の増山江威子さんの記事が、金曜ロードショーで放映される「ルパンVS複製人間」の鑑賞に、少しでもお役にててれば幸いです。

今日も最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする