あさぎーにょ(金髪美女)の経歴や出身高校はどこ?職業や年収をチェック!

こんにちは、レチェです。

今日は、人気ユーチューバーあさぎーにょさんを取り上げえます。

あさぎーにょさんは、金髪美女でとっても綺麗で可愛らしい女性、このような美女を見れば男性なら、一体どんな方なんだろうって気になりません。

僕は気になったので、あさぎーにょさん(金髪美女)について、経歴や出身高校はどこ?職業や年収なども調べてみました。

スポンサードリンク


あさぎーにょ(金髪美女)の経歴、出身高校はどこ?

あさぎーにょの経歴

あさぎーにょ

本名:大西麻生

生年月日:1993年10月6日

出身:兵庫県」

年齢:22歳

参照:ウィキペディア

ニックネームはぎーにょちゃん、ぎにょ、あさぎちゃんなどと呼ばれています。

あさぎーにょさんは、歌手にになりたかったので大学を中退しましたが、本当に歌手になれるのかと迷い、yuotubeを始めました。

あさぎーにょさんは、すっかりyoutubeの楽しさにのめりこみ、2016年4月から毎日投稿をするようになりました。

2017年、オリジナルソング「miracle」MV」投稿、更にオリジナルソングを全3曲制作、投稿します。

2017年11月30日から「勝手にCM作ってみた」を度々投稿、自身の好きな物やお菓子など様々な物のCM作成して投稿。

2018年現在、作品数は10作品になっています。

その後、2018年2月7日カバーソング動画を投稿。

最新の曲や自身の好きな曲、リクエストの多かった曲などを投稿、同年11月には作品曲は20曲にもなります。

2018年10月18日には、feat.SonyMusicAuditionグランプリを獲得。

ますますユーチューバーとして人気も実力も兼ね備え、注目を浴びるようになっていきました。

その後もあさぎーにょさんの意欲は凄まじく、2018年8月29日あさぎーにょ公式ファンアプリ(へんてこポップ)をリリース、2019年9月25日から「すったびちゃんねる」を開設

youtube,TikTok,Insutagramなど、様々なSNSでインフルエンサーとして影響力を持つ「ひなた」と共に旅行動画を投稿、登録数は4万人、総再生回数290万と勢いが止まりません。

あさぎーにょさんは、youtubeやネットだけに留まらず、メディアにも進出、2018年2月25日落胆スーパーポイントスクリーン、やトークショーに出演するよになりました。

このような素晴らしい経歴を見るとどんなすごいなスーパー女性だと思いますが。

素顔は、普通の女性です。

出身高校は、兵庫県神戸市にあるキリスト教の中高一貫校(女子高)松蔭高等学校に学び、普通の女子高生として通っています。

好きな食べ物は、ナッツ・パクチー・タイ料理・たらこ・ソフトクリーム・お寿司などを好んで食べています。

普通の女性と言いましたが、食べ物に関してはタイ料理が好きで、お寿司も好き、それに甘いソフトクリーム・・・。辛いのも甘いのも好き・・、ちょっと変わっていますね。

現在は東京に住んでいて、好きなアーティストは高橋優さん、嫌いな季節は冬、というのも極度の冷え性だそうです。

スポンサードリンク


職業!

あさぎーにょさんの職業は、多岐にわったっています。

ユーチュバーとして、活躍しながらタレント、クリエイティブアーティストとしても活躍しています。

あさぎーにょさんの、職業

  • ユーチューバー
  • クリエイティブアーティスト
  • 映像制作・楽曲制作・CM制作・イラスト制作
  • モデル
  • タレント
  • プロデュース活動
  • クリエイティブアーティスト

九リエーティ部アーティストとして、あさぎーにょさんは「へんてこポップ」公式ファンアプリをリリース、映像制作、楽曲制作、CM制作、イラスト制作などで活躍しています。

あさぎーにょの、年収

あさぎーにょさんの年収は、約500万円

あさぎーにょさん、ユーチューバーとしての評価はまだまだですが、好きか嫌いかの人気投票。

好き 604

嫌い 103

好き嫌い偏差値としては、1239位。

獲得金額の総金額、1988万3318円(4年1ヶ月)。

因みに、ヒカキンさんの年収は、10億円とも言われています。

ただ、あさぎーにょさんは、今後歌手として、作曲・作詞家としても活躍。

活躍次第では、年収はびっくりぐらいになるかもしれません。

まとめ

金髪美女として、ユーチューバーや多岐多様に活躍しているあさぎーにょさん。

色々な才能があり、今後の活躍が楽しみですね。

応援したいと思います。

今日も最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする