特別養子縁組の年齢制限や上限はなしなのか調査!手続きの方法や戸籍はどうなるの?

長年不妊治療を行ったが上手く行かずどうしても子供が
ほしいと思っている方が特別養子縁組に興味を持たれる
方が多くなってきています。

そこで今回は、そのような方々のために少しでも
参考になればと思い。

特別養子縁組には年齢制限や上限はなしなのか?

手続方法戸籍はどうなるのか?

調べててみました。

スポンサードリンク


特別養子縁組の年齢制限について!

特別養子縁組の年齢制限と言っても
養子縁組をする夫婦の年齢制限。

養子になる子供さんの年齢上限があります。

特別養子縁組の夫婦の年齢制限の上限、上限はなしか?

最近、不妊治療を携わる医師たちには、不妊治療を行うと同時に
特別養子縁組を勧めたり、説明するところも多くなってきています。

それは不妊治療がうまく行かなかったことのためだそうです。

特に風の年齢制限について、養子縁組を斡旋する児童相談所や
民間団体では、一般的に年齢制限を設けられています。

児童相談所は、子供との年齢差はおおむね45歳ぐらいが望ましい。

民間団体では、「夫婦とも45歳以下」「夫46歳、妻43歳以下」と
決められているところや、上限を明記していないところも有るようです。

そして、不妊治療を終えているのを条件とするなど様々あります。

しかし、特別養子縁組を考えている方って年齢制限があるかなしかではなく
子供を育てるのは大変で有ることを自覚する必要があります。

赤ちゃんって、よる昼関係なしになくこともありますし、3~4時間おきに
ミルクを授乳をしなければなりません。

ハイハイをしたり、伝い歩きをしたときなどは片時も目が話せません。

そのためには、夫婦の協力も必要ですし、体力も必要となります。

更には、子供が成人するまで親とし手の責任が有るとして、その夫婦の
年齢が45、46歳ぐらいと年齢制限を設けているのはうなずけます。

一般的に特別養子縁組が赤ちゃんの場合、夫婦の年齢が若いほうが
成立する可能性が多いようです。

養子になる子供さんの年齢上限

現時点では、6歳未満と年齢の上限がありますが、この年齢制限を
拡大してはとの動きもでているみたいです。

ただ、年齢の上限6歳未満というのは子供の視点から見ても好ましい
のではないでしょうかとも思われるが

問題点もあります。

  • 6歳以上では、その家庭に馴染めるのか、馴染むのに
    時間がかかる。
  • 6歳以上の斡旋団体が殆ど無い。

などが問題点として考えられます。

6歳以上となれば、自我も芽生ええいるときでもあります。

でき得れば、年齢制限ギリギリの6歳未満より1歳未満が良いのは
言うまでもありません。

ただ、赤ちゃんを育てるのにはそれ相応の覚悟をしなければなりません。

特別養子縁組の手続きの方法

特別養子縁組とは、6歳未満の子供の幸せのために特に必要な場合
法律上の子供との親子関係を断絶させ、子供を望む夫婦などに親子
関係を成立させる縁組です。

僕の知り合いの夫婦も長年不妊治療をしていたが結果がでずに
特別養子縁組で1歳未満の子供と養子縁組をしました。

その子供の母親は、大学生の方でしたのでその親御さんは当初子供の
出産に反対していたそうです。

しかし、出産に反対していた親御さんが無理やりその母ちゃんを
特別養子縁組斡旋センターに登録したようです。

その施設からの紹介で、今の子供さんとの養子縁組が成立今では
我が子供として育てています。

ただ、その養子縁組が成立するのにはいろいろな過程が有るみたいです。

今日は、その中でも手続きの方法を紹介します。

特別養子縁組が児童相談所斡旋の場合

児童相談所から、特別養子縁組の子供を紹介してもらうのには
特別ゆお支援組を前提とした里親登録が必要です。

まず児童相談所の研修を受けて里親登録をしませる。
(研修の内容は各自治体で異なる)

その後、特別養子縁組をする見込みのある子どもがいる施設に
一定期間交流を深めていき、一時その子供を家庭で預かり、児童
相談所の監督のもとで養育します。

そして楚々の子供との関係性が特に問題がなければ、家庭裁判所に
特別養子縁組の申立を行います。

特別養子縁組が民間団体斡旋の場合

民間の場合は、子供との交流の期間がほとんどなく、子供を
預かる場合が多いようです。

ただ民間団体によって独自の審査方法や研修体制があります。

また、斡旋には高額な費用がかかることも有るので、事前に
斡旋する団体に確認しておく必要があります。

次に、特別養子縁組を裁判所に申し立てる方法です。

特別養子縁組を裁判所に申し立てる

申立費用と必要な書類を持って、住んでいる地域の家庭裁判所に
申立を行います。

●申立費用

収入印紙800円と、郵便切手。

郵便切手は、申立を行う家庭裁判所によって違います
事前に確認が必要です。

●必要な書類

  1. 申立書 1通
  2. 養子親の戸籍謄本
  3. 養子となる者の戸籍謄本
  4. 養子となる者の実父母の戸籍謄本

なお、養子となる実父母の戸籍謄本の取得が艱難な場合は
児童相談所や民間団体に相談します。

その後、家庭裁判所の審査を経て、養子縁組申立が受理され
た後、審査のため家庭裁判所に呼び出され、申立の動機や養子
となるものの関係などが聴取されます。

そして、実の親から特別養子縁組の同意を取り付け得て晴れた
養子縁組が成立します。

施設から子供を預かり、申立申請をして養子縁組が成立するまで
約1年かかります。

今後特別養子縁組も課題として問題になります。

1年てかかりすぎだ・・・。

考えててみようと考える方が少なからずいますからね!

スポンサードリンク


特別養子縁組した子供の、戸籍は?

養子縁組には、普通養子縁組と特別養子縁組があります。

普通養子縁組の場合は、実の親子関係はなくなりません
戸籍にいつまでも残っていまします。

それに対して特別養子縁組は実の親子との関係が断絶します。

法律上も、養子親との親子関係が成立します。

したがって、特別容易支援組の場合は、戸籍に養子縁組した事は
記載されず、続柄も養子ではなく父、母、長男、長女といった
記載されます。

ただ、戸籍上は親子関係でも、いつかはその子供に事実を話す必要が
あり、その時はいつなのか判断が大切です。

まとめ

今後、特別養子縁組に興味を示される方が
多くなると考えます。

一生懸命不妊治療したが子供を授かることが
できない方は、なんとしても子供がほしいと
思っている方です。

そんな方にとって、特別養子縁組というのは
一筋の光を得た気持ちになるのではないでしょうかか?

ただ、血のつながった本当の子供ではないと
思う方もいます。

そのためには、特別養子縁組制度の問題点を
今後も改定していく必要があります。

特に、養子縁組が成立するのには1年ぐらいかかる点
などは、今後の課題として考えていく必要がありそうです。

それでは今日はこのへんで
最後までご覧いただきありがとう御座います。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする