渡具知武豊の学歴や経歴は?結婚している嫁や子供を調査!

沖縄県名護市の新しい市長に渡具知武豊氏が
決まりましたね。

渡具知武豊氏は、自民、公明、維新が推していた方で
アメリカ軍普天間基地移設容認派の方です。

今回は、渡具知武豊氏の学歴や経歴
結婚している嫁や子供について調べてみました。

スポンサードリンク


渡具知武豊氏の学歴

1997年瀬喜田中学校を卒業。

瀬喜田中学校は1977年3月31日に閉校していて
1977年4月からは
名護市立名護中学校からの一部と統合して
名護市立東江中学校(あがりえちゅうがっこう)
として新校になっています。

渡具知武豊氏さんは、最後のそつぎょうせいだった。

1980年名護高等学校卒業。

1985年第一経済大学卒業。

第一経済大学は、現在は「日本経済大学」に
改名しています。

同大学は、偏差値は35と高くはあありませんが
海外からの留学生を多く受け入れられています。

経歴

1995年 商工会青年部副部長。

1998年 名護市議会議員初当選。

2002年 軍事基地等対策特別委員会委員長(2期目)

2014年名護市議選に5回目の当選を果たしています。

軍事基地等対策特別委員会委員をやられていて
アメリカ軍普天間基地移設を容認する考えの方で
今後名護市の経済を、立て直すことが大切だと
訴え、2018年2月の名護市長選に初当選。

今後の手腕に期待されています。

スポンサードリンク


渡具知武豊の嫁や子供について

お嫁さんは、今回の名護市長戦を陰で支えておられた
方です。

お嫁さん他に長男、長女、次女がいます。

いつ結婚されたのか、わかりませんが

渡具知武豊氏は現在55歳ですから、子供さんは
すでに成人されているのではと思います。

渡具知武豊際は、今回の名護市市長選に立候補するに
あたり「家族との調整が必要』と言っておられ
家族と語り、協力を得て立候補されているので。

お嫁さんや子供さんとは仲が良い子族だったみたいです。

渡具知武豊氏の今後の戦い

渡具知武豊氏には、基地問題が大きな課題となって行きますが
できるだけ早く、基地問題に決着を付けていく必要がありのでは

その際、市民の方のよく説明をされ、賛同を得ていくことが
大事です。

今回の選挙結果を見て、市民の方は基地問題も大事だが
経済発展を望んでいたようです。

渡具知武豊氏は選挙に際して「複合型エンターテイメント」を
目指すと言っていられます。

未だ具体的なビジョンは明かされていませんが

何か経済発展に、大きな計画を立てておらっるような気がします。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする