竹内渉は 韓国人なの?wikiや身長・体重!彼氏や結婚は?

どうもポンタです。

竹内歩(たけうちあゆむ)さんをご存知でしょうか?

そんなことを言っているポンタも
2017年7月10日発売の「週刊プレイボーイ」の
グラビアを見るまで知りませんでした。

まず驚いたのが、年齢です!

ほんとに、31歳・・・!

今日そんな竹内歩さんについて
韓国人なの?

wiki身長体重

彼氏結婚について
調べてみました。

スポンサードリンク


竹内歩は韓国人って?

竹内歩さんって、韓国人って本当なんでしょうか
確かに韓国の、芸能人ってきれいな方が多くいますからね。

竹内歩さん、韓国人て噂がでているようですが
韓国人ではありませんよ・・!

そのことについてちょっと観ていきましょう。

竹内歩さん、NHKの「テレビでハングル講座」に
出演しています。

このことから、韓国人ではと思った方も
いたみたいですね。

それに竹内歩さん
大の韓国好きです。

実際に韓国に住んでいた経験もあるようですし
twitterやインスタグラムなどにも

時たまハングルがでてきたりすます。

まるで韓国人と間違えられるほど
韓国のことも勉強されているので
韓国人ではと思っている人もいますが。

竹内歩さん、韓国人ではなくて
日本人ですからね。

今現在、韓国の大統領も文在寅(ムン・ジェイン)という
親日派か、反親日派かはっきりしない方ですが。

今後の日韓関係も心配される中
竹内歩さん、今後も韓国に行ったりするのでしょうか

芸能界は関係ないといいますが
少し気になります。

竹内歩のwikiや身長・体重!

名前:竹内歩(たけうちあゆむ)

生年月日:1986年6月27日

年齢:31歳

出身地:愛知県

星座:かに座

千支:寅年

血液型:B型

身長:165cm

趣味・特技:スキューバダイビング、ピアノ

事務所:アービング芸能プロダクション

出典:wikipedia

最初ににも、述べましたが
現在31歳なんてとても信じられませんね
ちょっと見

肌もきれいだし
それになりよりも若々しい・・!

25,6歳ではと思っていましたからね(笑う)

身長は、165cm
スラリとしてモデル体型

週刊プレイボーイを観た男性陣も
きっと、彼女の魅力に取りつかれたことでしょうね

ポンタなんか、もぅメロメロになってしまいましたからね(笑

体重については、公表されたいませんが
身長165cm のモデルさんを観ていくと

梨花さん
身長 165cm
体重 49.5kg

佐田真由美さん
身長 166cm
体重 50kg

hitomiさん
身長 1667cm
体重:48kg

杉本彩さん
身長 168cm
体重 54kg

ローラさん
身長 165cm
体重 48kg

竹内歩さんに近い身長のモデルさんを
参考にあげてみましたが

皆さん、50kgはいっていませんね
細って感じしますが

それでも、皆さんナイスボディの方ばかりです。

上のモデルさんを参考に、竹内歩さんの体重を
考えていみると、47kg~48kgではと思いますね。

スリーサイズは、非公開となっていてわかりませんが
カップ数は、D~Eカップではという方が多い。

ポンタの予想は、Eカップ・・!

画像を見れば、Eカップぐらいはあるでしょう。

竹内歩 カップ

それに、脚も細くて美脚

ちょっと褒め過ぎかな・・W

しかしそれくらいの、すばらしいスタイルの
持ち主の方です。

スポンサードリンク


彼氏や結婚の噂は?

竹内歩さん、今現在彼氏や結婚の噂は
出ていません。

彼女は、お嬢様タレントの異名があり
大学は、フェリス女学院大学音楽学部出身

フェリス女学院の学費は
100万円から170万円ぐらいだと
言われています

きっと実家はお金持ちだと思います。

彼氏や結婚の噂も上がってないのは
芸能活動が忙しいのともう一つ

実家のご両親との兼ね合いもあるのではと
思っています。

ただしかし、この事は竹内歩さんの実家が金持ちで
格式があると想像しての考えです。

それにしても、こんな可愛い方が
31歳の今も彼氏や結婚の噂がない何って
信じられませんね。

世の男性陣、目がフシアナでは・・!

ポンタが、既婚者でなかければ
考えたのに・・!

相手にされるかって
それが問題ですがね(笑う)

竹内さんの彼氏になって、デートしたい
男性が、多くいると思うのですが。

まとめ

竹内歩さん、美人で素敵な方
思わずポンタも二度見してしまいました。

これだけルックスがよかったら
世の男性放っておくわけ無いでしょうね!

竹内歩さん、素敵な方と結婚される事を
願って今回はこれで

終わりにします。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする