台風2号2016が発生!米軍の進路予想や日本への影響は?

こんにちは、ダイキです!

台風2号2016発生したようです!

7月24日午前3時、南鳥島近海にあった
熱帯低気圧が、台風になったのです!

台風2号2016

台風2号の進路予想図

台風2号2016進路予想図

出展:気象庁HPより

台風2号2016(ルピート)現在
中心気圧は、1000ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は、18メートル
最大瞬間風速は、25メートルで

時速30キロで北東に進んでいます。

尚、中心の南東側190キロ以内と
北西側90キロ以内では、風速15メートル
以上の強い風が吹いているようです。

ルピートとは、フィリピンが用意したもので
「冷酷な」と意味があります。

台風2号の発生は、過去の統計で3番目に
遅い記録だそうです。

台風1号も発生が遅かったが
大きな台風で日本への影響も
懸念され、大雨をもたらしましたが

台風、2号は現在のところ
進路予想でも、日本に離れている。

影響は、ないと見られています。

予想では、今後は北へ進み
千鳥列島付近へと向かう見込み
みたいです。

スポンサードリンク


台風2号2016米軍予想

米軍の進路予想より、気象庁のほうが
少し遅いが、現時点だは米軍の台風
2号の進路予想は、まででていません。

いずれにしても、台風2号の進路予想では
日本から離れつつあります。

米軍の台風情報を見る場合、台風番号では
なく、国際的な台風名である台風のアジア名
を使う必要があります。

今回の、台風2号の場合「ルピート」です。

JTW(アメリカ海軍)というページにいき
「Joint Typhoon Warning Center」リンクから
現在発生中の台風の予報がでています。

進路予想図は、「TC Warning Graphic」が
それに相当するものです。

米軍が発表しているサイトにいけない人は
参考にしていただければと思います。

台風2号2016日本への影響!

進路予想図を見ても
現在台風2号2016は、離れたところを
通って行くと見られているが!

今年は異常気象が続いています。

今後の気象情報には気をつけるとともに
雨で地盤が弱くなっている地域の方は
特に、注意が必要です。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする