下地亜記子の離婚理由は?元旦那や子供をチェエク!

どうも、ダイキです。

作詞家の下地亜記子さんさんが死去したとの訃報のニュース。

下地亜記子さんといえば、北島三郎さんなどの大物歌手の
作詞を手掛けた方です。

今日はそんな彼女の離婚理由
元旦那って誰?

子供さんについて調べてみました。

スポンサードリンク


下地亜記子のプロフィール

下地亜記子(しもじ あきこ)

職業:作詞家

生年月日:1955年12月5日

出身地:三重県

学校を出てから上京。

最初に務めたのは、学習研究社(学研)。

その後、コピーライターに転身。

その後、デザイン編集の会社を設立。

結婚して子供を産んでいるが離婚しています。

1人で子供を育てるために、作詞を学び後に偉大な
作詞家となる。

1983年に、東京ロマンチカ「また逢えるような顔して」の作詞で
デビューを果たしています。

そのご、北島三郎さんを始めてした
演歌の作詞を手がけています。

離婚の理由

離婚の理由は明かされていませんが

離婚をきっかけに、作詞を学んでいます。

それは幼子を抱えて仕事をするには
自宅にいながらできる仕事を選ばなくては
なりませんでした。

選んだのが作詞家の道でした。

離婚をしていなかったら、作詞家の
下地亜記子さんは、いなかったかもしれませんね。

離婚されたことは、下地亜記子さんにとっては
不幸だったのですが。

作詞家下地亜記子を生んだのは
離婚があったからって

なんと皮肉なことなんでしょう?

旦那や子供

子供さんは、長男・龍魔さんという方で
下地亜記子さんの最後を「最後まで創作意欲は
衰えずに、電話をしていた。作詞棟仕事が
大好きな母でした」と偲んでおられました。

下地亜記子さん、72歳ですからいつ結婚されたのかは
わかりませんが、子供さんが産まれたのは作詞家でデビューから
考えると、2代後半に子供さんが出来たとして現在、40歳少し
いったぐらいではと思います。

尚、離婚理由や元旦那については現在情報がありません。

明らかになった際には、追記します。

作詞をするのが大好きだった下地亜記子さんの
ご冥福を祈ります。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする