下平瑠衣さんFacebookで判明!バングラデシュに言った目的は?

こんばんは、ダイキです!

こんなこと絶対許さないと・・多くに方が
憤慨、バングラデシュの首都ダッカで起きた
イスラム関係者が起こしたとみられる
テロ事件

日本人の犠牲者が7人って最悪の結果・・!

沿いの犠牲者の、名前が公表されましたが
その中の最年少と思われる
下平瑠衣さんがいます。

バングラデシュのためにと頑張っていた
下平瑠衣ってどのような方なんだろうと
探っていいると

下平瑠衣さんのFacebookを発見しました。

そのFacebookから、見えてくる下平さんの素顔
何故バングラデシュに言ったのかなどを知ることが
出来ました。

スポンサードリンク


下平瑠衣の経歴!

珍しいなめだったため、容易にアカウトを発見するkとが
出来ました。

その下平瑠衣さんのFacebook

まず自己紹介では

元国際連合開発計画 Intern
元Habitat for Humanity Volunteer
出身校: 東京工業大学 社会理工学研究科
出身校: タンマサート大学 Thai Studies

下平さんは、東京工業大学を2014年に
卒業後、JICAという独立国際協力機構という
ボランティアに近いところからの要請で
アルメック社で岡村誠さん等とともに
働いていました。

Facebookによると、彼女はタイのタンマサート
大学へ入学、卒業後はフィリピンにマニラに
引っ越しと、国際的な活動をしています。

そのようにしてまでも国際貢献をしようと
慈善活動とも言える、行動を彼女はただ発展
途上国の発展のためにと、我が身を惜しまず
貢献しようと、強い志を持っておられた。

そんな、下平さんが何故・・・!
このような目に合わなければならなかったのか
強い憤りが、ふつふつと湧いてくるのは
僕だけではないと思います。

下平さんがバングラデシュに行かれた目的は?

下平瑠衣さんが、今回バングラデシュに行かれた
目的は、バングラデシュの交通渋滞緩和のための
調査で行かれました。

この交通渋滞はバングラデシュでは大変
大きな問題となっており、その緩和のため
JICAの依頼の元アルメック社から派遣という
形でバングラデシュに行ったのです。

強い志を持った、彼女が武装集団の
人質になろうとは、誰も考えなかった
ことで、今後のJICAの活動にも影響が
出そうです。

スポンサードリンク


治安はどうだったのか?

バングラデシュは親日で、比較的治安の良い
国だと言われていましたが

近年になって、少し事件があり注意するようにと
言われていたが、まだ世界から見れば犯罪率は、
0.09%と低く、普段は殆ど犯罪が起こらない国
だったようです。

しかし今回は、イスラム国からの犯行声明が
出ていて、防ぎようがなかった。

ただ今回の事件を気に、世間ではイスラムに
対する見方が厳しくなる思いますが!

イスラムの方全部が悪いのではなく、ある一部の
ものが間違った考えで、犯行に及んでいるのでは
ないでしょうか・・?

下平さんのような、純粋な気持ちで頑張って
おられる方が、犠牲者とならないためにも
世界的規模で、考えていく必要があるのではと
考えます。

と入っても、犠牲になられた方の家族の事を
思うと、残念でなりません。

日本としても、今後どうするのか対応を
注目したい。

ということで、これでバイバイ、バーーイ!!

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする