生活不活発病をあさイチで症状や原因!予防法や対策を?

どうも、ダイキです。

今日11月2日NHK「あさイチ」で取り上げられた
「生活不活発病(セイカツフカッパツビョウ)」って一体なんだろう・・。

「廃用症候群」富うそうですが?

聴いた事ない・・・!

気になりますねえ。

今日は、生活不活発病について症状や原因
更に予防法や対策について調べてみました。

スポンサードリンク


生活不活発病とは?

生活不活発病とは「生活が不活発」になる事で、全身の
機能が低下する病気です。

もっと平たく言えば、動かなくなることで動けなくなる
介護が必要となる、高齢者に多い病気です。

この生活不活発病が問題になっているのは
自身や災害により、避難者生活をされている方
動きたくても、動けない・・・。

生活不活発病になる方が増えているからです。

よく言われるのは、人間って楽をして
動かないとだんだんと動けなくなる。

それに近い状態になる事です。

生活不活発病の症状

運動機能が低下するって例えば

◯体を動かす事がスムーズに行えない。

◯疲れやすくなる。

◯頭の働きも低下する。

◯うつのようになる。

この病気が恐ろしんのは、動かないという環境で
本当に動けなくなることです。

歩くことや立つ事、それに座ると言った基本的な事が
できなくなるって、想像したことありますか?

その事ができなくなる病気が、生活不活発病です。

生活不活発病の予防法や対策!

生活不活発病の予防法は、動くことです。

何も無理に動く事はないのですが
普段の生活をいつも通り普通に過ごす事です。

更に言うなら、近くのスーパーにいくのにも
最近車で行っておられる方が、歩いて行く
これだけでも運度にもなるし、生活不活発病の
予防になります。

専門家の生活不活発病の予防

専門家も、生活不活発病の予防について

「身の回りの事を自分で行う事」

「意識して体を動かす事」などを
アドバイスしているようです。

これから、おっくうがらずに自ら動くことを
意識しながら、普段通りの生活をすることが
生活不活発病の予防になるのではと思います。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする