ランダエタの八百長疑惑?亀田興毅との世界戦の真相を暴露!

こんにちは、ダイキです!

ファン・ランダエタというボクサー覚えてますか

2006年に亀田興毅に負けたのは疑惑がもたれ

一躍有名になったベネズエラ人の方です。

今回、このランダエタが再び世界戦に挑戦するそうなんです。

そこで、ランダエタと亀田興毅の世界戦は八百長だったのか

いまだに謎のままです!

真相を探ってみました。

スポンサードリンク


ランダエタの八百長疑惑?

ランダエタと亀田興毅の世界戦は

2006年8月2日に行われました。

亀田が嫌いという方も多くいて

もっと強い相手と戦え・・・・!

勝てないだろうといわれている中

実現した世界戦だったので、注目されていました。

僕もリアルタイムで見ていましたが

正直亀田負けたと思っていましたからね!

ガッツ石松さんは

7ポンと差でランダエタの勝。

薬師寺さんは、5ポイント差でランダエタの勝

さらには、カシアス内藤さんに至っては

「亀田の勝はないと」言い切っています

亀田をひいき目に見ているある方は

中盤は明らかに亀田が押していた。

ボクシングの地元判定で、亀田の勝利になったが

引き分けですね!

この判定に対して、苦情が殺到したことは言うまでもありません!

仮に、八百長だったつぃて

何故ランダエタは引き受けたのか・・!

彼ってどんな選手だったのか見ていきます。

ファン・ランダエタのプロフィール

本名:ファン・ホセ・ランダエタ

通称:Baby

階級:ライトフライ級

身長:163cm

リーチ:168cm

国籍:ベネズエラ

誕生日:1978年10月7日(37歳)

スタイル:サウスポー

出身地:マトゥリン

出典:wikipedia

プロデビューは、1991年でその時KO勝ちしています。

その後勝ったり負けたりしながら

2003年10月17日、WBAフェデボルミニマム級王座を獲得。

その後も2階級制覇を果たすなどしていて

2016年4月27日、世界ライト級王者・田口良一に世界戦を

挑みます。

ベネズエラのマトゥリンは

アンデス山脈の山地で

世界一治安が悪いとされていて

人々の生活は苦しく貧富の差が激しい。

ランダエタも、想像ですが

裕福な家庭環境でなかったともいます。

外国の貧しい方が、ボクシングや野球で有名になり

お金を稼いで、生活を楽にする

その為ボクシングを始めて

世界チャンピオンを目指していたのではと

思います。

そこで出てくるのが八百長疑惑・・!

スポンサードリンク


八百長疑惑の真相は?

ランダエタと亀田興毅の八百長疑惑で

いろんなことが言われていますが

真相を暴露って誰もできません。

当の本人が暴露すれば別ですが

そんなことまずありえませんね!

一説によると

亀田興毅の親父が、亀田兄弟を

協栄ジムに移籍、金平会長と金儲けを

画策。

騒ぎ立てることで、マスコミに注目させ

そして、ランダエタとの世界戦で

八百長した。

選ばれたランダエタにしてみればおいしい話だったのだが

演技が下手だったため・・!

1ラウンドで。亀田をダウンさせる

ランダエタと亀田興毅の世界戦

八百長がばれてしまった。

その後、マスコミは次つぎと

一斉にバッシング・・・!

今も、八百長疑惑は闇の中です。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする