岡田優子教育長の学歴・経歴や年収は?任期や辞任の噂は?

今日は、岡田優子教育長という方が
腹がったったので取り上げます。

この御方は横浜市教育委員会の教育長ですが
「金銭要求をいじめと認定するのは困難」だと言って
今炎上や避難の矢面に立たされています。

それは当然でしょう、金銭要求と言ったって150万ですよ
貴女(岡田優子教育長)にとっては150万円ってはした金なんでしょうか
金銭感覚を疑いたくなりますね!

相当な年収があるんでしょうね!

学歴や経歴、それに任期はいつまで
辞任との噂もあるが本当なんでしょうか?

出来れば辞任をしていただきたいのです!

スポンサードリンク


岡田優子教育長の学歴や経歴!

岡田優子教育長は、1952年5月17日生まれで
現在64歳になます。

出身は神奈川県横浜市です。

学歴を調べて驚いたのですが
この岡田優子さん高校は神奈川県立鶴見高校を
卒業していますが、大学に入学した記述がありません。

高卒のようです。

高校を卒業した岡田優子さんは、横浜市役所に
職員として就職します。

高卒で横浜市民局長に
その後、横浜市教育委員会の教育長に
就任しています。

普通教育長と言えば、高学歴を想像しますが
高卒で市の、教育委員会のトップって
相当苦労されたのでしょう。

それこそ、時間を忘れて仕事に没頭していたかもしれませんね
このような苦労人が、「金銭要求をいじめと認定するのは困難」との
発言をしたって信じられませんね!

年収は?

岡田教育長の年収はいくらぐらいなんでしょうか?

はたして、150万円をはした金って言えるほどの年収を
貰っているのでしょうか?

市町村の教育長は、地方公務員特別職に該当します。

その特別職の給料は、平成18年度に於いては
平均月収637,115円で、年収は12,107,287だ
そうです。

年収1000万円以上貰っているとなれば
150万円って、そんなに苦にならないお金
だったのでしょう!

まあ、年収はいくら貰っているかではなく
教育長は、もっと生徒の心の痛みがわかる
人であって頂きたいものですね!

ご本人も、苦労されてトップに成られているのに
それともコネでトップにでもなったのですか?

スポンサードリンク


任期はいつまで!辞任の噂は?

岡田優子教育長の任期は、2019年3月31日までです。

今回 「金銭要求をいじめと認定するのは困難」という
心もとない発言をして、人格を疑われ

多くの方から非難を受けている岡田優子教育長には
辞任するのではとの噂も上がっているようですし

辞任に値する発言だと思います。

子供を守る立場の人の発言と思えないと
ネット上でも、辞任やむなし
首にすべきだと、言った言葉が多く言われています。

はたして、辞任をさせるのか
それとも本人自ら辞任するのか
注目していきたい。

まとめ

今回の岡田教育長の発言が大きな問題に
なったのは、被災地福島県から引っ越して
きた男子生徒が同級生から小学5年の時から
5万円、10万円と毎月せびられていた。

その金額もつもりつ積もってなんと150万円!

その生徒がいじめを苦にしてどんな思いで
お金を出していたのか!

そのこともわからない教育長の理不尽な
発言だから問題になっているのです。

教育委員会と言うのは、生徒の教育のことは
勿論、生徒のことも考えていくことも大切な
役割ではないでしょうかね!

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする