新見正則の経歴やプロフィール!漢方が使える臨床医がイグノーベル賞!

外科医で臨床医の新見正則氏

趣味はトライアスロンと漢方!

いろいろな趣味のあるお父さんと言われている新見正則氏。

実はオックスフォード学んだ免疫学でイグノーベル賞に輝いた
凄い方なんです。

きょうは、その新見正規氏の、慶暦やプロフィール。

更には漢方が使える臨床医がミグノーベル賞を受賞したと
話題になったことを紹介します。

新見正則の経歴やプロフィール

新見正則 プロフィール

出展:http://toyokeizai.net/articles/-/5199

新見正則(にいみまさのり)

誕生日:1959年2月24日

出身地:京都府

血液型:A型

出身校:慶應義塾大学、オックスフォード大学大学院

今では一流の医師である、新見正則氏も慶応義塾大学には
2年間浪人の後入学しています。

そして大学6年の時、北海道の阿寒町立病院で学び外科医になる事を
決心しました。

そして9年たち色んな手術ができるようになっていました。

ガンの手術も出来るようになったなあと思っていたその頃
オックスフォード大学から奨学金で留学できる機会が、それは
もちろん公募によるものでしたが、運良く選ばれたのです。

その後帝京大学医学部外科(血管外科)
2002年帝京大学医学部准教授に就任する。

5年間留学、そこで学んだのは移植免疫という事で、研究に
没頭しました。

研究の合間に、日本の事を考えていると愛国心が湧いてきました。

5年間留学して1998年にオックスフォード大学にて博士課程終了後
同年移植免疫学似てDoctor of Pjhilosophy取得しています。

その後帰国、研究を続ける為に帝京大学医学部外科(血管外科)の医師になります。

そして10年間は教育と研究、臨床をやってきました。

その結果多くの疑問がわき、色んな領域にトライしました。

セカンドオピニオン、血管疾患、スポーツドクター、冷え性外来等
多岐にわたり、色んな事を開拓しています。

今も、これからもやりたい事に挑戦していきたいと意欲を見せています。

新見氏は、TV東京「主治医が見つかる診療所」には2005年の初回より
レギュラー出演しているのも、なんでもやりたいその一環かもしれませんね!

主治医が見つかる診療所に出演

主治医が見つかる診療所に出演した、新見正則氏は喫煙の事で
正式に判断できるまで吸ってはいけないと持論を展開しています。

18歳であれ、20歳であれ自身で良悪が判断できるまで、喫煙しては成らないと
言っています。

この県に対して、反論する医師も多くいましたし、正論だと言う医師も居たりして議論のバトルが続き、結論は出ていません。

ただ、思っていることとして喫煙にはなんのメリットがあるのか、体の事を考えれば吸わないほうが良いのは当然だと思っています。

筆者の友人のお父さん、息切れが激しくなったので病院で見てもらったところ
肺が汚い、これは長年喫煙していた事が原因ではと言われたそうです。

そのお父さん、今は喫煙していませんが20年以上喫煙していたことで
肺が汚くなり、肺を洗浄してもらったそうですが、いかに今肺を綺麗にしても
20年間吸っていたリスクは有り、決して元のきれいなヒアになることは
ないそうです。

ではメリットはなんなのか、税金のためには良いことかもしれません。

それ以外人によって違いますが、ストレス解消のためとか仕事のためとか
言っているようです。

そして他の、主治医が見える診療所では、医の安心安全を訴えたり、格差を
なくす為には、現場が不安で崩壊するかもしれない。

更には、医師不足が深刻だと訴えています。

その原因の一つとして、2004年度から始まった新臨床研修制度である
個性度の前は、医師をどこの病院に勤務すてもらうかは所属している
医局が決めていました。

しかしこの研修制度導入により医師が、病院が決める事ができるよに
なりました。

その結果、地方から中央へと医師が集まる。

根本的な医療な面まで突っ込んで考えています。

今後も、色んな事に挑戦する新見正則医師に期待したい。

漢方が使える臨床医がイグノーベル賞!

イグノーベル賞

出展:http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091301000987….

イグノーベル賞とは「人々を笑わせ、そして考えさせる研究に
贈られるももです。」

そのイグノーベル賞に、漢方も出来る臨床医の新見正則医師が受賞したと
話題になっています。

その時にスピーチでは、マウスの着ぐるみをきた2人とともにおもしろ
おかしく説明しています。

心臓移植後のマウスは免疫を制御しないと平均7日で死んでしまうが
あるミュージックを聴かす事で延命が出いたというものです。

例えば、モーツァルトでは20日、アイルランド人の女性歌手、エンヤの歌では
11日、伸びたことを証明して、能をコントロールする事が大切だと照明イーグル
ノーベル賞を受賞しました。

因みに、工事現場や雑音を聴かせた時は効果が得られなかったそうです。

まさに、現在の医学では割り切ることが出来ない。
「病は気から」を証明した内容でした。

今後の研究次第では、本物のノーベル賞も夢ではないと言われていますが
真実かどうなのか如何に証明できるかですね!

こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする