武藤まき子の不定愁訴症候群とは?虚血性心不全で急死の関係は?

おマキさんの愛称で知られている
人気レポーター武藤まき子さんが
当然亡くなられました。

死因は、心不全とか?

武藤まき子さんは以前から不定愁訴症候群という病気を
患っていたという。

この不定愁訴症候群ってどんな病気なんでしょう
虚血性心不全との関係は?

少しみていきたいと思います。

スポンサードリンク


不定愁訴症候群とはどんな病気?

不定愁訴症候群(ふていしゅうそしょうこうぐん))って
聞きなれない言葉ですね!

不定愁訴症候群は病名ではなく、身体的に様々な症状があるにも
関わらず、その症状の根本的な原因が見つからない状態のことを
言います。

この不定愁訴症候群は更年期の女性に多く、特に更年期の
不定愁訴症候群の事を「更年期障害」と言っています。

症状としては、頭痛や目眩、動悸、不眠、全体の倦怠感などの
自律神経の症状が現れます。

言ってみれば女性特有の病で、更年期を迎える女性だけでなく
現在はストレスが原因で20代、30代野女性にも同様の症状が
現れているみたいです。

ただこのような症状は、男性の50代以降でホルモンの減少などで
起こることもあるそうです。

不定愁訴症候群が起こる現任は?

不定愁訴症候群は、ストレスが原因て思われがちですが
調べてみると、原因はストレス以外にもあることがわかりました。

それは、環境の変化、疲労、体の歪みなどからも起こるそうです。

ただ、大半の原因はストレスからのようです。

現在、お仕事をされている方は神経をすり減らすぐらい
神経を使っているのが現状です。

スポンサードリンク


例えば、会社では売上のこと
いつリストラされるのかなどの
精神的ストレス。

働きすぎによる、疲労の蓄積!

等が挙げられます。

まして、武藤さんのようなレポーターの方は
疲労もさることながら

神経をかなり使う仕事だといっています。

更に、武藤まき子さんは、後輩の面倒見が良くて常に
周りの方にも気を使う方だだそうですので、不定愁訴症候群が
引き金になったとも考えられます。

武藤まき子の虚血性心不全と不定愁訴症候群の関系は?

武藤まき子さんの、不定愁訴症候群はストレスが原因でした。

虚血性心不全で亡くなられた武藤まき子さん、不定愁訴症候群との
関連はについてみてみると。

不定愁訴症候群どうやら、密接な関係があるみたいです。

虚血性心不全(虚血性心疾患)と言うのは、心臓の血管が詰まることに
より起こる症状です。

心臓の血管が詰まるのは、血液の流れが思わしくなくなる
事でおこいます、例えば高血圧症、心不全、何らかの心臓疾患を
患っておられた方などは、心筋梗塞や心不全が起こります。

武藤さんの、お仕事仲間んの方は1週間ほど前から少し武藤さん
少し歩いただけでも、息切れをしたいたと言っています。

風邪を引いているのでって、武藤さんはおっしゃっていたそうですが?

現在、ショックを受けておられる方が多くいるという。

あまりにも、早い、突然亡くなられた武藤さんのご冥福を祈りたいと思います。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする