村岡桃佳の経歴・学歴や家族は?障害の原因の病気や病名を調査!

平昌パラリンピックで日本人第一号の銀メダルを獲得したのは
村岡桃佳さんです。

村岡桃佳さん、前夜の開会式で旗手を務めたかたで、アルペンスキー
女子滑降座位という、健常者にはあまり聞き慣れない種目での快挙です。

平昌オリンピックも、メダル第一号が出て一気に盛り上がり。メダルラッシュに
湧きました。

パラリンピックも、メダル第1号が初日から出て盛り上がっていくことでしょう

そんなきっかけを作った、村岡桃佳さんって
どんな方なんだろう!

経歴・学歴家族

障害の原因の病気の病名を調べてので、御覧ください。

スポンサードリンク


村岡桃佳の経歴や学歴!

村岡桃佳さんは、1997年3月3日生まれで、埼玉県出身の方です。

正智深谷高校を経て早稲田大学に進学、スキー部に所属します。

4歳のときに、病気にかかり障害者となる。

それでも元来スポーツ好きな村岡さん、陸上を中心とした
スポーツ挑戦、小学校2年生のときにチェアスキーの体験会に
参加したことがきっかけで、中学生2年生の頃より本格的に
競技としてのスキーを始めます。

スポーツとして才能があった彼女、高校3年生のときに
ソチパラリンピックに代表選手に選出され、見事大回転で
5位入賞という輝かしい結果でパラリンピックを終えます。

次回にリベンジを果たしたい、村岡桃佳さん早稲田大学に通いながら
ワールドカップツアーに出場、夏はニュージランドやチリへと海外遠征
し、10月半ばには、北半球、オーストリアでの氷河トレーニングといった
生活をしています。

そんな身体を休めるため、休みは一日中家でゆったりとしているそうです。

家でゆったりしているときが、21歳の女性としてのひとときだだそうです。

村岡桃佳の家族(父親・母親)

村岡桃佳さん、家族・父や母に感謝しているそうです。

村岡さん最初に始めたチェアスキーですが、日本には
ジュニアの選手がいませんでした。

そのため、競技を始めた頃はコーチは勿論指導者もいませんでした。

そのため、素人のコーチをしてくれたという。

競技を始めたときには、怖さや痛さ、さらには寒さで心が折れることも
しばしばありましたが、コーチの父親は優しく、時には厳しくと根気よく
教えてくれたそうです。

今現在、私が競技を続けているのも父のおかげだと、いつも
父親に感謝してる村岡さん。

父親とともにさせてくれたのは、母親だという。

早稲田大学のスポーツ推薦でスキー部に入部する際、寮生活をしなければ
ならず、村岡さんのためにとバリアフリーの改装、細かい所まで気を使って
くれたのが、母親です。

娘が、寮生活、障害をおった娘が寮生活、どんなに心配されたことか
心の支えとなったのが、母親でした。

スポンサードリンク


障害の原因の病気や病名を調査!

村岡桃佳さん、4歳のときに突然足が動かなくなりました
その原因となる病気の病名は、急性横断性脊髄炎だった。

そのため、車椅子での生活を余儀なくされました。

まだ幼いわずか、4歳のときに発症、急に娘の足が
動かなくなった。

その姿を見た、両親は嘘だろう!

なんで動かないの?

それでも元来明るい性格の村岡桃佳さん、最初に始めたのは
チェアスキーでした、

その時。彼女は小学生2年生。

中学2年背になった頃に本格的に、チェスキーを始めます。

急性横断性脊髄炎が発症してから、数時間から2,3日で両下半身
が麻痺、両半身の知覚障害など、神経に障害がでます。

元気に歩いていた子供が、急に動かなくなったって
それでも、現在元気にスキーに取り組んでいて

パラリンピックで、銀メダルって・・・!

本当におめでとう、ありがとうと祝福したいと思うのは
僕だけでしょうか?

まとめ

村岡桃佳さんって、どれだけの方が知っっていたのか

そういう、僕も今回銀メダルをとたれて
初めて知りました。

オリンピックのメダリストは、メディアも大きく
取り上げるのに・・!

こんご、パラリンピックのことも
大きく取り上げてほしいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする