リンダ・マクマホン氏に夫や子供はいるの?!車椅子って何?

次期アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏が
リンダ・マクマホン氏を中小企業庁長官に指名しました。

リンダ・マクマホン氏は、WWEのSEO(最高責任者)で
ドナルドトランプ氏もWWEに参戦してこともあるので
リンダ・マクマホン氏とは旧知の仲です。

今日は、次期ドナルド・トランプ政権下の
中小企業庁長官のリンダ・マクマホン氏って
どんな方なんでしょうか?

夫や子供はいるのか
そして、ワードとして出て来る車椅子って何?に
ついて調べたので紹介します。

スポンサードリンク


リンダ・マクマホンのプロフィール

リンダ・マクマホン

リングネーム:リンダ・マクマホン

本名:リンダ・エドワーズ・マクマホン

ニックネーム:WWEの良心

誕生日:1948年10月4日(68歳)

出身地:ノースカロライナ州

リンダ氏は世界最大のプロレス団体WWEの元
CEOでした。

現在のWWEのCEOは、夫のビンズ・マクマホン氏で
通称「悪のオーナー」と言われています。

リンダ氏はWWEのリングにレスラーとしては
参加していませんが、WWEのリングサイドでの参戦は
度々ありましたで、アメリカ国内での知名度は抜群です。

因みに、WWEのファン層は
幼稚園児ぐらいの小さい子供から
おじいちゃんやおばあさんのお年寄りまで
みんなに愛されています。

リンダ・マクマホン氏は経営者だけでなく、これまで
2度も上院議員選挙に出馬しています。

ただ共和党の予備選には勝利しているが、本戦で敗れています。

出馬のために、WWEのCEOを辞任していることは言うまでもありません。

ただ政治的には保守色の強いWWEの立場でいるが
イラク戦争に個人的に反対していた方で

今後、日本にどのような影響が出るのか注目していきたい
方です。

結婚して夫や子供はいるの?

リンダ・マクマホン氏は、1986年に幼馴染で先輩の
ビンズ・マクマホン氏と結婚しています。

子供さんは一男二女で、息子のシェイン・マクマホンさん
娘のステファニー・マクマホンさんの二人はトレーニングを
積んでプロレスラーとしても試合をしたこともあります。

そして、もう一人一般にの次女がいますが詳しくは明かされていません。

シェイン・マクマホンさんは、1970年1月15日生まれで
1993年にボストン大学を卒業します。

そのごWWEに入社していますが、父のビンズ氏の息子としての
特別扱いをうけていません。

しかしWWEのグローバル・メディア部門のfク社長を務めるまでになり
WWEのバックステージ、テレビ番組両方に携わっています。

妹のステファニー・マクマホンさんは、1976年9月24日生まれで
現在39歳の方です。

彼女の方は、プロレスラーとしてWWF女子王座を獲得しています。

現在は、父のビンズ氏からRaw(WWEの番組)のコミッショナーに
任命されています。

スポンサードリンク


夫ビンズ・マクマホンのプロフィール

ビンズ・マクマホン

リングネーム:MR.マクマホン

本名:ビンセント・ケネディ・マクマホン

ニックネーム:悪のオーナー

身長:188cm

体重:112kg

誕生日:1945年8月24日(71歳)

出身地:ノースカロライナ州バインハースト

所属:WWE

ビンズ・マクマホン氏は、アメリカのプロレス団体WWEの
代表取締会長兼最高経営者(CEO)です。

そして、全試合のプロデューサーもしています。

身長と、年齢を思わせない強靭な肉体の持ち主で、アメリカ・プロレス
のドンとして君臨しながら、選手としてリングに上がっていました。

彼はオーナーの立場を利用して選手に高慢な態度で命令する悪役的な
役回りをする。

一例として、レスラーに屈辱的な姿勢を強要したりします。

そのために、反抗するレスラーの反撃も度々起こっています。

ただ、ビンズ氏の役割はあくまでも、相手レスラーを引き立てる
ためであり、まともに勝負して勝ったことはありません。

2007年にアメリカの不動産王ドナルド・トランプ氏とお互いの
髪の毛をかけた試合した事があります。

それは2人のズラ疑惑を皮肉った対決で、結果ビンズ氏が負けて
髪の毛をかられたしまいました。

尚、現在のビンズ・マクマホン氏の父親は
ビンズ・マクマホン・シニアでWWEの創始者です。

古くから業界に携わっている方は、ビンズ・マクマホンといえば
父親のビンズ氏を指していて、息子のビンズしはビンズJrと呼ぶそうです。

車椅子って?

WWEのストリー上で出てくる事で実際にリンダ・マクマホン氏が
車椅子生活をしたということではありません。

経営者のビンズ・マクマホンはあくまで悪役でベビーフェイス(善人)との
ストリーとして成り立っています。

メインストリーの悪役の経営者ビンズは、家族を巻き込むことも
よくあります。

ある時ビンズが女性レスラーと浮気したときのこと
彼は開き直ってリンダに離婚宣言をしました。

そのことで怒った娘のステファニーに勘当をいったのです。

精神的にすっかりおかしくなったリンダ・マクマホンは植物
人間になり車椅子生活になり、ビンズがリンダに成り代わり
WWEのCEOになったのです。

そこで登場した息子のシェイン・マクマホンとの親子対決がという
シナリオです。

その為、リンダ・マクマホンのワードに車椅子が出てきます。

ビンズ・マクマホンの後ろに車椅子に乗っているリンダ・マクマホン
見ているという設定だったのです。

まとめ

WWEという巨大団体の経営者としての経験もある
リンダ・マクマホン氏と

万年悪役としてのトランプ氏との関係

日本にとって吉となるか、凶となるか
リンダ・マクマホン氏の手腕を見ていきたい。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする