神戸のスーパーでミカンに縫い針が混入!犯人や今後の対応は?

神戸のスーパーで女子中学生がミカンを
購入、5センチの縫い針が混入していた
事がわかり、騒動になっています。

ミカンは8個入りのポリ袋に入っていて
神戸西署は、何者かが故意に混入させたとして
偽計業務妨害容疑で捜査しているそうです。

犯人の目的は?

今後の対応はどうなるのか?

観ていきたいと思います。

スポンサードリンク


ミカンを混入された事件の経緯!

ミカンが混入されていたスーパーは
神戸市西区森友にある「イズミヤ神戸玉津店」という
スーパーです。

事件が起きたのは1月5日の昼過ぎで女子中学生(14)が
同店で販売されていたミカン1個の中に縫い針が混入していたというのです。

そのミカンを母親が6日の夜に皮をむいたところ中から
5センチ程の縫い針が1本刺さっていのを見つけ7日に同
スーパーに届け出ていた事で明るみになりました。

今のところ女子中学生以外には、縫い針が混入していたと
報告はありませんが、もし知らずに口に入れていたらと
思うと、身の毛がよだちます。

幸いにも現在のところけが人はでていませんが
犯人の目的は何なんでしょうか?

一日も早い逮捕が望まれます。

犯人の目的は?

現在犯人の情報はまったくありません。

考えられる犯人像としては、男性や女性も考えられます。

おそらく、同スーパーに恨みを持つ者と考えられます。

考えられる犯人像としては

同店で、物を買った時の店員の態度に腹が立った。

同店でものを買った時に、何らかの辱めをうけた。

あとなんでしょうかね?

テレビの観すぎで、チョットいたずらをしたくなった?

それとも無差別・・!

これが一番やっかいですね!?

犯人は男性か女性か?

どちらかと言えば、女性だと考えます。

女性の方が。嫉妬深いですからね!

女性の方ごめんなさいWW

スポンサードリンク


今後の対応は?

スーパーとしての今後の対応が気になるところです。

緊急の対応として、犯人が逮捕されるまではスーパー側は
防犯に今まで以上の注意をされるでしょう。

警備も増やされるかもしれませんね!

ただ、今後何の商品に縫い針などの混入されるのか
まったく想像できません。

犯人は、今後もやるとしたらミカン以外の食べ物でしょうからね!

今後の対応として細心の注意を払い、監視を強化する
以外ないでしょうね!

一日も早い犯人の逮捕が望まれますし!

犯人の目的も悪戯であれば、名乗り出てほしいものです。

まとめ

しばらくスーパーでの異物混入の事件が
起こっていませんでしたが

一度、このような事件が起こると
何故か

模倣犯がでてきます。

絶対まねをしないように
まねをしても何の得にもなりません。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする