小室佳代(小室圭さん母親)の金銭トラブルとは?元婚約とは誰?

今大きな話題になっている小室圭さんと、眞子さまの婚約延期!

どうやら、週刊誌に掲載された、小室圭さんの母親小室佳代さんの
金銭トラブルが原因ではと言われていますが?

本当はどうなんでしょうか?

元婚約者って誰なんでしょう?

少し見ていきたいと思います。

スポンサードリンク


小室佳代さんの、金銭トラブル

小室圭さんが小学生の頃に父親が亡くなり、その後母親の
小室佳代さんが、女で一つで小室圭さんを育てたと言います。

そんな環境の仲、小室佳代さんに好きな男性が現れ
ゆくゆくは、結婚しようと思っていたらしい。

今回、問題になっている金銭トラブルとは、その元婚約者との間に
生じた借金トラブルだという。

その元婚約者の竹田さん(仮名)の方は

「弁護士に相談しても一向に状況が変わらず、彼が気の毒でしかたがないので、本人に代わってお話しいたします。 私の友人の竹田さん(仮名)が、数年前に小室圭さんのお母さんに貸した400万円以上がいまだに未返済で、返す意思もまったくないそうなんです」

この事が事実ならとんでもないことですね。

人間として借りたお金は、返すのが普通でしょう。

小室佳代さんの人柄をも疑うことにもなりかねない
今回の金銭トラブルですが・・!

小室佳代さんは、貰ったもものだから返す必要はなく
今でも、借りたお金をかえしていないそうです。

しかし相手の元婚約者は、貸したお金だからかえしてほしいと
言っています。

ただ、貸したことが事実だとしても借用書などもなく
信用貸であるため、裁判に持っていっても元婚約者に
勝ち目がないとのことです。

借金の総額は?

小室佳代さんの元婚約者んの方は、お貸したのは
400万円以上になると言っています。

婚約者のときには、問題がなかったても
婚約が破棄されれば、男の女の関係も冷たいもので
貰ったと思っていたお金も、貸したと言うことになってしまいます。

ではいったい何にお金がいったのか?

日々の生活費は、女の稼ぎでは苦しかったみたいです。

そんな中でも、息子の圭さんに国際基督大学(ICU)に
入学させたいたのですからね!

当時婚約者であった彼に、入学金と授業料などを借りていた
と言います。

更に、苦しい中圭さんが大学3年生の時アメリカ留学をさせています
その時の費用は、約200万円。

国際基督大学の入学金は、30万円
授業料は。年間約130万円ぐらいだそうですから
借金の総額が、400万円それ以上かもしれませんね。

小室佳代さんと、元婚約者との婚約が破棄になった理由は
はっきりとは分かっていませんが

噂では、合うたびにお金の話!

度々合うごとに、お金、お金となれば
恋も愛も、冷めてしま打って事になり
婚約が破棄されたということです。

この婚約破棄の決め手となったのが

「圭さんが20歳前後の誕生日に、竹田さんが新橋の高級レストランでお祝いをしてあげたそうです。 そこまではいいのですが、翌年の圭さんの誕生日に、佳代さんが“あの店じゃないと意味がない”と言い出し、竹田さんが別の店を予約していたのもおかまいなしに勝手にその新橋の店を予約してしまったんです。 もちろん、会計はすべて竹田さんで、そのときに“私はただの財布じゃない。もうこの人とはやっていけない”と別れを決意したそうです

事実なら、お金のために小室佳代さん元婚約者と付きあっていた
事になりますね。

お金を返してほしいと言うのはわかりますね!

その上、竹田さん自身の家のローンが払えず自宅を
手放したと言いいます。

もしかしたお金が、あれば家を手放すこともなかったのにと
悔やんでいるそうです。

小室佳代さんは、貰ったお金(贈与)

竹田さんは、貸したと言っています。

真実は・・・・!

今後の展開に目が離せませんね!

スポンサードリンク


元婚約者竹田さんって誰?

小室佳代さんの元婚約者の竹田さんってどのような
方なんでしょうか?

名前や、顔写真は有るのか探してみましたが

元々竹田さん自体が仮名、更には一般の方です
全くもって情報はありませんでした。

しかし、その元婚約者について出て来る情報は
小室圭さん共に3人で一緒に暮らしていたとか

根も葉もない情報はありますが?

元婚約者が誰なのか、本当の事は分かっていません。

まとめ

ここまで、小室圭さんの母親・小室佳代さんの
金銭トラブルについて述べてきましたが

僕自身、本当なんだろうか

疑問に思っています。

息子の圭さんを見れば礼儀正しい
見るからに心根が優しい

誰からも愛される方です。

そのような、息子さんを育てた母親が・・と
考えると・・・!

真実でないような気がします。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする