菊田真紀子は帰化して韓国人説と経歴や学歴を調査!新潟知事選挙2018に出馬するの?

今日は、衆議院議員菊田真紀子氏にスポットをあててみました。

菊田真紀子氏は、新潟知事選挙2018野党統一候補として
出馬するのではと言われている方です。

菊田真紀子氏には帰化していて韓国人ではとう説が有るようですね!

経歴学歴と共に調べてみました。

スポンサードリンク


菊田真紀子の経歴や学歴

菊田真紀子(きくたまきこ)は、誕生日は1969年10月24日の
現在48歳の群馬県藤岡市生まれの方です。

しかし実際育ったのは新潟県加茂市です。

高校は新潟県立加茂高等学校を卒業しています。

卒業後、1998年9月から1990年8月までの2年間
中国の黒竜江大学に留学したりして、1993年8月から
中国語会話教室を経営しています。

政界に進出したのは、1995年かも市議会議員選挙で
全国最年少の25歳の初当選は話題になりました。

その後、鴨市議を2期目の途中で辞職、第42回衆議院議員
総選挙に新潟4区選挙区から自由党公認で出馬するが、自由
民主党の栗原博久氏に敗れ落選します。

2003年11月第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬
当選します。

2005年第44回衆議院議員総選挙新潟4区で再選、野党の
議席を死守します。

所属政党も無所属、自由党、民主党、民進党と転々とします。

現在は、民進党籍を残したまま、野党統一候補として院内会派
無所属の会」の新潟4区の衆議院議員として活動しています。

しかし菊田真紀子氏は、完全無所属でのスタートを望み民進党に
離党届を提出、2018年1月2日に離党が承認され完全な無所属議員
です。

菊田真紀子は帰化して韓国人と言うのは本当?

菊田真紀子氏は、帰化して韓国人では殿説が有るようですから
調べてみました。

調べてみると、反日女性議員リスト(在日帰化韓国人・朝鮮人含む】の
中に名前が有ることから、帰化して韓国人ではと言われているのかも
知れませんね!

名前がある人は、国籍をはっきり明かしていない方や、帰化しているのではと
疑いや噂の有る方ばかりです。

その中に名前があれば、帰化して韓国人ではという噂がでても
仕方ありませんが、実際は日本生まれのれっきとした日本人だと
わかり、菊田真紀子氏が帰化して韓国人との説はデマだったようです。

中国の大学黒竜江大学に留学したことも、帰化して韓国人ではとの
説や噂に一役かっているかも知れませんね!

そんなことより、菊田真紀子氏の政策や行動の方に問題ありと
思っている方が多いのが気になります。


この事は、事実なのか物議を醸していますが
新潟知事選挙2018の出馬を考えているなら
払拭する必要がありそうです。

スポンサードリンク


新潟知事選挙2018に出馬するのか?

菊田真紀子氏が、新潟知事選挙2018に出馬するのか?
今注目されています。

野党側としては、現在与党側が新潟時事選挙2018に出馬
予定候補として元県知事の花角英世・元海上保安庁次長を
挙げています。

野党側としては、与党に勝つ候補として検討してあがってきたのが
菊池真紀子衆議院議員なのです。

ただ問題なのは、もし菊田真紀子氏が知事選に出馬するとなれば
2018年10月に行われることになる新潟4区の補欠選挙をどうするのか
考えなくてはなりません。

この補欠選挙には、与党からは前回自由民主党公認で落選した金子恵美子氏
が出馬するともいわれています。

当然、新潟知事選挙2018の勝利と、新潟4区の補欠選挙を見据えて
リスクをおかしてまで、菊田真紀子氏を新潟知事選挙2018に出馬
するのか、現在検討中と見たほうが良いみたいです。

まとめ

新潟前知事米山隆一氏の辞職に伴い
早くも、与党や野党の駆け引きが
始まっています。

今回、野党統一候補として新潟知事選挙2018に
出馬するのか注目されている

菊田真紀子氏について色々調べてきましたが
本当とも嘘とも取れる噂も有ることや

経歴が学歴を見てきました。

新潟知事選挙2018に出馬するとなればもっと
いろんなことがでてきたりします。

今から、新潟知事選挙2018が影では加熱状態のようですね!

新潟知事選挙2018の出馬が誰かによっては注目される事は
間違いありませんね!

それでは今日はこのへんで
最後までご覧いただき有難うございました。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする