ジョージ・マイケルの死因は薬物?病気の説もあるが?

イギリス出身の歌手、ジョージ・マイケルさんが
25日に亡くなったとイギリスメディアが発表しました。

ジョージ・マイケルさんといえば人気デュオ「ワム!」の
メンバーとして「ラストクリスマス」などの曲で世界的に
活躍した方ですが、亡くなられたのがクリスマスの日って
まさか、ラストクリスマスになるとは・・!

53歳というあまりにも若すぎる死に、世界に衝撃が走っています。

ジョージ・マイケルさんの死因については明かされていませんが
薬物とか病気ではとか色々噂されているので、少し考えてみたいと思います。

スポンサードリンク


ジョージ・マイケルの死因は藥物か、病気か?

元ワムのジョージ・マイケルさん53歳という若さで
なくなっていることに対して

なぜ、若くして亡くなったのか?

藥物が関係しているという方もいます。

ただし藥物と言っても鎮痛剤か睡眠薬の過剰摂取
オーバードーズだと言われています。

同棲愛の1人だったので・・・?

ひょっとしたらAIDSが発症したのではと思っていたが
再婚の医療の発達で、AIDSが発症していれば抑える薬も
あり飲み続けている限り発症して死ぬことはないはずです。

ウィルス検査もしているだろうし、やはり藥物の過剰摂取が
原因だと考えるのが妥当でしょう。

最近でも、マイケル・ジャクソンも睡眠薬多情摂取が原因で
なくなったのでは言われています。

ホイットニーフーストンやプリンスなども鎮痛剤多量摂取や
藥物接種後に入浴で亡くなっています。

現在のところ死因については明かされていません。

事件性はないとの事です。

もし藥物のせいで、80年代のアーティストが亡くなっていくのは
大変残念なことです。

ご冥福をお祈りしたいと思います。

尚、最近風貌が完全にフレディ・マーキュリーのように
ゲイ特有なものになっていたから、死因はエイズではと
言っている方もいます。

追記:12月26日

マイケルさんの死因は、心不全だったと
マイケルさんのマネジャーが述べています。

ネットで多くのコメントが!

「マジ、まだ若いのに」

「ソロになってからも好きでした」

「死因は、悲しい・・!」

「クリスマスに逝くなんて・・」

「昨日まで毎日のようにラストクリスマス街中で流れていた・・」

「25日死去って、ホントのラスト・クリスマスになってしまった」

「プリンスに続いて、大ショック!!」

「病気だった・・」

ジョージ・マイケルがなくなり
びっくりしました。

昨日までラスト・クリスマスがあちことでかかっていたから
余計にビックリです。

伸びやかできれいな声。

なんか80年代の音楽界をひっぱてきた時代を代表する歌手が
次々に亡くなっていくのは非常に寂しい。

今は、ビッグネームのジョージ・マイケルの冥福を祈るばかりです。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする