池江璃花子に兄弟はいる?母親の名前や画像父親をチェック!

みなさんこんにちは、ダイキです。リオオリンピックまで50日を切ってきましたね!現在リオオリンピック日本だ表選手次々と発表されています。昔はオリンピックに出ることに意義があるといっていた時代もありましたが、今は勝つために行くんだ、金メダルを獲りたいと意欲的な選手が多くいます。そこで今回は女子競泳界のホープで多くの方から期待されている池江璃花選手を取り上げたいと思います。特に池江選手の家族の事ぬついて少し気になった、兄弟や母親、それに父親について調べてみました。

スポンサードリンク


家族の事についての前に
まず、池江璃花子さんの
プロフィールからです。

池江璃花子プロフィール

池江璃花子(いけえりかこ)

生年月日:2000年7月4日(15歳)

出身地:東京都

身長:170cm

体重:55kg

泳法:自由型、バタフライ

所属:ルネサンス亀戸

経歴

池江璃花子 プロフィール

池江璃顔さんって、水の申し子の
ような方だったんですね!

というのも
出産は、自宅のふろ場で
水中出産で誕生しているし。

池江さんが幼い時に自宅で水泳のまね事を
してばたばたと泳いでいる格好は
滑稽に見えるが、その時すでに
将来オリンピックに出るって
決めていたように見えます。

まあそんなことはありませんが
なんとなく、水泳をするため
オリンピックに出るため生まれてきた
このように思ってしまいます。

そんな池江さんですが

3歳10カ月で、兄や姉の影響を受けて
水泳を始めています。

5歳になると、全ての泳法で50mを泳げる
ようになったというのですから、周りの
方は、驚いたことでしょうね!

それも、璃花子さんのお母さんが
生まれてすぐに、璃花子さんが
運動運動神経がただものでないと
見破って、自身の両手にぶら下がらせたり
雲泥などの運動をさせていたからだと
と思います。

そのように考えると、お母さんが璃花子さんの
運動神経の良さを見破っていなければ、今の
池江璃花子さんは、いないと思いますね!

さてそんな璃花子さんですが
幼児教室の七田チャイルドアカデミーに
生後2カ月で通いはじめています。

そこで、璃花子さん水泳だけでなく
記憶力が優れることが新たに分かりました。

文武二道に優れていたんですね!

文武二道に優れていた璃花子さんですが
彼女を有名にしたのは、中学の入学の
直前に行われたジュニアオリオンピック
春季大会で、優勝すると誰も思っていなかった
池江さんが、11-12歳区分の50m自由形で
優勝したことです。

中学生になってからも、璃花子さん
数々の大会で、2位や1位を獲得するなどで
勢いがとまりませんでした。

そんな池江さんですが、中学3年生の時次々と
歴代の日本記録を更新していきました。

その結果。今回のリオオリンピックでは
女子100mバタフライ、800mリレー、400mリレーの
3種目に、日本代表として出場します。

池江璃花子さん、今後どれくらいのタイムを
出すのか、まだまで伸びると思われていて
多くのい方が、璃花子さんに期待を寄せています。

兄弟は?

強い池江璃花子さんですが
一人では、オリンピックでは
勝てません。

もちろんコーチや仲間などが
璃花子さんを支えておられることは
大事です。

しかしアスリートにとって、家族の
支え応援が大切ではと思い、兄弟の
事を調べました。

池江璃花子さんには、7歳年上の
お姉さんと、3歳年上のお兄さんがいます。

その二人の。兄弟の影響で璃花子さんは
幼い頃より水泳を始めています。

璃花子さん、末っ子であまえただったのか
お兄さんやお姉さんに認められたくって
水泳の練習も一生けんみ励みました。

その結果、5歳の時にはすべての泳法で
50m泳げるようになっています。

池江さん、5歳で50m全ての泳法で
泳げることって、どれくらい凄いこと
なのか、調べてみました。

しらべると水泳をいつから始めたかによっても
変わってきますが、通常学校の授業
だけだと、小学生6年でやっと25m,
泳げるようになるみたいです。

スイミングスクールに通ていても
50m泳げるのは、小学生2年ぐらいだ
そうです。

仮にそれよりもっと早い年齢で泳ぐ
方がいたとしても、5歳ですべての
泳法で50m泳ぐなんて聞いたことありません。

本当に、幼い頃から凄い子どもだったんですね!

ただ、お姉さんやお兄さんがいたから
現在天才スイマーと言われる、池江璃花子さん
誕生があったのかもしれませんね!

スポンサードリンク


母親の名前や画像を調査!

兄弟3人育てるって、大変だったでしょうね!
兄弟げんかも、あったでしょうし、その大変さは
男の僕でも、母親の姿をみているので、少しは
分かります。

その上、天才スイマーを育てているのですからね
池江璃花子さんの、母親ってどんななのか、名前は
画像はあるのか、調べてみました。

池江璃花子さんの母親の名前は
池江美由紀さんです。

母親のお仕事は、幼児教室「七田チャイルドアカデミー
本八幡教室」の代表を務めている方です。

生後2カ月で教室に通よわれていたってって
そんな生まれてからすぐに、教室って通わせて
くれるところがあるのかと不思議に感じていましたが
お母さんの、教室だったんですね!

やっと納得が出来ました。

その教室で、璃花子さんお母さんから「運動が脳の
発達を促す」という本を読むよに言われ、なおかつ
自宅のリビングで雲梯(雲梯)を設置して、娘の
基礎体力をつけるようにしていました。

すると、璃花子さん期待していたっとりなのか
生後6カ月で母親の両手の親指を握りしめてぶ
らさがるようになっていました。

1歳6カ月で、鉄棒の逆上がりもできるようになったのですから
すごい子供に育っていきました。

お母さんは
「才能は幼い頃に出来るんです。遺伝子より
環境が大事」と言っていますので、そのとおり
璃花子さんは、幼い頃より水泳選手として育て
挙げられていたと思いいます。

その彼女の素質を早くから見抜いて
天才スイマーとして育て上げられたのですから
お母さんって、日本の水泳界の功績は大きいい
のではと思います。

そんなお母さんの、お顔は☟

池江母

璃花子さんに似て綺麗な方ですね!

父親は?

父親について調べましたが、残念ながら
全く情報がありませんでした。

お母さんは、教育関係のお仕事をしていて
メディアでも、よく御見かけする方ですが
お父さんはいらっしゃるのかさえ、分かっていません。

しかし僕個人的に思うのですが
お父さんは、決して表に出ず裏で
璃花子さんを、支え励ましておられる
優しいお父さんだっとほではと思います。

たとえば、フィギュアスケートの浅田真央さんの
お父さんのように、表には出ないが、裏で真央ちゃん
させていたと聞いている、お父さんのような方だったの
かもしれません。

噂では、璃花子さんのお父さんはいらっしゃらないと
言う人もいますが、たとえそうであっても。陰で
支えている優しいお父さんのような気がします。

陰で、「頑張れ璃花子」って言っているかもしれませんね!

まとめ

今回は、一流のアスリートには
家族の支えが大事だとの観点から

今回は、女子競泳日本代表
池江璃花子選手の、家族について

兄弟や、母親、父親などについて
述べてきましたが

池江璃花子さんって、リオ五輪、その先の
東京五輪の期待の星です。

頑張って応援したいと思っています。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする