池田純(DeNA)の経歴や大学!退任理由は波留やコーチのケンカか?

どうも、ダイキです。

今年のDeNAの快進撃誰が予想出来たでしょうか?

クライマックスシリーズでは、巨人を撃破
惜しくも、広島には破れて、日本シリーズには
でられませんでしたが・・・。

そんな中での、池田純球団社長の退団のニュース。

驚きましたね・・・。

そこで今日は、池田純さんの退任理由や
経歴や出身大学を調べてみました。

スポンサードリンク


池田純の経歴や出身大学!

池田純(池田純)さんは、プロ野球横浜ベイスターズの
代表取締役社長を、2016年限り退任されます。

彼は北海道出身で、1976年1月23日生まれで現在40歳。

小学校3年生の時に北海道から神奈川県横浜市戸塚区(現泉区)に
転居します。

横浜市立いずみ野小学校、横浜いずみ野中学校と
横浜市の、小中学校を卒業します。

池田さんは、小6の時にジュニアオリンピックに出場。

県立鎌倉高等学校から、早稲田大学に進学します。

同大学卒業後、住友商事、博報堂と2度の転職を経験。

2007年1月に、ディー・エヌ・エーに入社します。

2009年には、執行役員マーケティング・コミュニケーション
室長に就任します。

東京放送ホールディングが所有していたプロ野球球団
横浜ベイスターズを2011年12月2日に買収します。

同球団社長に就任した、池田純社長、20億円を超える借金を
現在では、黒字に転換します。

そんな素晴らしい経営手腕の、池田純さんが何故、退任するのか
今後の会社の事を考えての退任だとは思うのですが?

退任の理由として、過去に波留コートとの意見の食い違いから
大喧嘩したことも理由の一つではと言う方もいますが、本当の
理由を探ってみました。

池田純さんの退任理由?

池田純さんの退任理由の一つとして、コーチとの
戦略の食い違いから、大喧嘩をしたことも理由の一つ
ではと、言う方もいます。

どんなプロスポーツで言える事でスが、特にプロ野球などの
個人の能力も大事だが、仲間との協調も大事なスポーツでは
選手間は、もちろんの事フロントと現場の関係が大切なんです。

フロントと、現場がギクシャクしていては良いプレイが出来ず
成績も上がりません。

話は、投手の谷間での捨て試合について、勝つ気はあるのと
池田純さんが、激怒されたそうです。

しかもその相手が、監督や投手コーチと違い打撃コーチの
波留さんだったのです。

もちろん勝つのが目的で試合はしますが、何故監督や投手コーチでは
なく、打撃コーチのおれなんだと、波留コーチブチ切れたんです。

スポンサードリンク


おれを責めても仕方ないだろう、ない言ってるんだ。
この人はと言ったみたいなんです。

そのことを聞いた、池田社長は波留コーチと大げんかした
とか、もし事実ならそれ以降二人の関係はシックリいきませんからね。

今回の、池田さん退任理由の一つと考えられたいるのです。

池田純さんの本当の退任理由

まあ色々退任理由を詮索されている池田社長。

本当の理由は、任期が切れての退任で、退任することは
決まっていました。

後任も、岡村信吾さんという方に決まっているようです。

後輩に道を譲り、池田純さん今後はもっと
上の立場として。会社を引っ張っていくことでしょう。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする