本田まりあの小学校や勉強法は?キャスティングするTV局は?

どうもポンタです。

世の中には凄いキッズがいますね!

なんと最少年天気予報士の試験に
合格したのは11歳の小学生の本田まりあさん。

気象予報士って狭き門で
確か合格率は5%なんです。

そこで今日は、そんな難関を突破して
最年少気象予報士本田まりあさんにつじて

小学校はどこ、勉強法
キャスティングするテレビ局
どこだろうと気になったことを
まとめてみました。

スポンサードリンク


本田まりあのプロフィールや小学校はどこ?

最年少気象予報士試験に合格した
本田まりあさん年齢は11歳。

北海道北見市に現在住んでいます。

実家は本田内科クリニックでお父さんが
院長を努めています。

家族は、父親と母親、そして弟と
本田まりあさんです。

小学校は、北海道北見市にある
西小学校で現在6年生です。

本田まりあの勉強法!

最年少で気象予報士試験に合格した
本田まりあさん。

どのような勉強をすれば
気象予報士試験に合格するのか?

その勉強法とは

お父さんと二人で独学で勉強しました。

お父さんは昨年、合格しています。

お父さんに頑張らないととはっぱをかけられ
頑張ったそうですが・・!

本田まりあさん勉強法で参考になるものとして
疑問をとことん追求していくこと。

更に、理解できるノートを作成。

この勉強法で本田まりあさん
漢検1級にも合格しています。

気象予報士試験の合格率は?

気象予報士試験の合格率は
通常5%だと言われています。

ところが本田まりあさんが受験した
第48回気象予報士試験は

なんと2962人が受験、内合格したのは
145人なんです。

なんと、合格率は4.9%って
驚きですね。

しかも小学生で合格しています。

試験の方法は学科試験と実施試験があります。

試験科目

試験科目

 

学科試験の科目

1 予報業務に関する一般知識
・大気の構造
・大気の熱力学
・降水過程
・大気における放射
・大気の力学
・気象現象
・気候の変動
・気象業務法その他の気象業務に関する法規
2 予報業務に関する専門知識
・観測の成果の利用
・数値予報
・短期予報・中期予報
・長期予報
・局地予報
・短時間予報
・気象災害
・予想の精度の評価
・気象の予想の応用
実技試験の科目

1 気象概況及びその変動の把握
2 局地的な気象の予報
3 台風等緊急時における対応

見てだけで嫌になります。

これをわずか小学6年生が受けたのですから

そして試験の時間は全部で4時間30分。

恐ろしいと言うか
凄いキッズです。

スポンサードリンク


キャスチングするテレビ局は?

本田まりあさん
キャスティングするテレビ局は
あるのでしょうか?

話題性としては十分です。

最年少気象予報士ですからね
ただ現在、北見市西小学校の生徒です。

北見市近辺と言う制約があるので

キャスティングするテレビ局としては

札幌テレビ放送北見放送局

日本放送協会北見放送局ではと
思いますね。

いずれにしても凄い反響になるでしょう。

まとめ

本田まりあさんという凄いキッズを
紹介しました。

なんと小学校6年生(11歳)で
気象予報士試験に合格

このニュースを見た時驚くと同時に
本当って

思う程の凄いこと

頑張れ本田まりあさん
将来はお医者さんを目指すという
本田まりあさん。

頑張って欲しい

という事で
今日はここまで!

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする