博多駅前陥没事故の原因!復旧業者や地下鉄工事の施工業者はどこ?

どうも、ダイキです。

11月8日に発生したJR博多駅前陥没事故による道路の改修工事が
終わり、開通したのもつかの間11月26日深夜に、再び道路陥没
事故が発生しました。

今回陥没事故が発生した場所は、11月8日に大規模な道路陥没事故が
起きた同じ場所だという。

道路が陥没したのは、地下鉄工事が原因とされていますが?

再び起きた陥没事故は何故起きたのか?

事故の原因は?
復旧業者や地下鉄工事の施工業者を調べてみました。

スポンサードリンク


博多駅前で同じ場所での2回目の道路陥没がなぜ?

11月8日朝に発生した博多駅目での大規模な道路陥没事故は
地下鉄線延伸工事が原因で起こったと福岡市交通局が発表
しています。

長さ約30メートル、横幅約21メートル、深さ約15メートルと
史上稀にみる大規模な道路陥没事故でした。

住民の生活やインフラにも大きな影響が出ている、今回の道路
陥没には、福岡市や業者が24時間体制で僅か約1週間で、交通
規制も解除され通常通りの交通もできるようになりました。
あまりにも早い、復旧工事に一部不安の声も出ていました。

福岡市市側も、道路が開通したあとも定位的に道路の監視を
続けていたと言うのは心配していたからでしょうか?
幸いにも道路陥没(道路沈下最大約7cm)で済んだので良かった
のですが、原因はなんだったのか?

復旧工事に問題はなかったのか?

まだ原因につては、明らかにしていませんが?

専門家の話によると、道路を埋め戻してしばらくすると地面の
沈下はよくある事で、想定内だと言っています。

ただ、地下鉄工事がいつ再開するのかは、安全が確認できるまで
行わないそうです。

スポンサードリンク


復旧業者は?

今回の復旧業者については、明らかにされていませんね!

ただ、当初工事を発注会社の下請け業者のようです。

主な発注会社

大成建設
佐藤建設工業
森本建設
三軌建設
西光建設

地下鉄工事の施工業者

福岡駅前の陥没事故の原因が地下鉄延伸工事が原因出したが。

この工事を請け負ったのは、大手ゼネコン大成建設を中心とした
JV(共同企業体)のようです。

大成建設は、日本でも有数の大手ゼネコンで、大規模な掘削工事
などの実績がある建設会社で、発注側も安心のできる業者です。

今回、陥没が起きた地点での地下鉄の掘削工事は、NATM(ナトム)という
予算的に安く済む工事の仕方が持ち入られました。

それが、間違いだったのか今後の検証によりますが、いずれに
しても人命第一で安全な工事をお願いしたいものです。

まとめ

今回、11月8日の朝に起こった道路陥没事故の
同じ場所での、2回目の陥没事故。

道路の復旧工事が終わった後も
監視していたのは

何か懸念があったからなんでしょうか?

そうであるならば、説明はスべきだったのでは?

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする