船村徹が病気で激ヤセ!死因や息子と嫁についてチェック!

訃報です!

偉大な作曲家の船村徹さんが亡くなりました。

死因は、病気で心不全だそうです。

最近船村徹さんは、激ヤセしていて病気ではと心配
されていました。

船村徹さんは昭和を代表する作曲家で数多く
あの「王将」や「乱れ髪」を作曲をされた方です。

その他500曲以上作曲されていて、美空ひばりさんや
北島三郎さん、ちあきなおみさんなどの作曲も手がけられた
作曲家です。

スポンサードリンク


船村徹のプロフィール

船村徹さんは、本名を福田博郎さんといって
1932年6月12日生まれで84歳で亡くなられました。

出身は栃木県塩屋町。

大学は、音大(東京音楽大学)を卒業しています。

在学中から、作曲を手がけられていたそうですが
お金のために、その傍ら流しもしていました。

流しって、現在演歌の大御所と言われている北島三郎さんなども
売れる前は流しをして生計を立てていました。

ギターを引きながら、お客さんのリクエストに応えて
歌っていき、お金を得てい生活をしていくというのは
至極自然だった。

現在でも、若手のミュージシャンなどが路上ライブをしているのも
売れるため、自身を知っていただく為にやっている方が多くいます。

今でこそ船村徹さんといえば多くの歌手達から先生、先生と言われています
若い頃は生活が苦しかった。

エピソードとして
大学時代の先輩、黒柳徹子さんの歌の伴奏をしていたとのことです。

船村徹病気で激ヤセ

船村徹さん現在、見るからに激ヤセ。

病気でではと、心配されていました。

そして今日亡くなられたとのニュース、
死因は病気で、心不全だった。

船村徹さんは、昨年2016年5月に心不全で手術を受けています。

その後自宅療養されて、一時は回復9月には茨城公演など元気な
姿を見せていました。

その時も、激ヤセでしたが・・!

スポンサードリンク


その後同年10月には、文化勲章を受賞。

この文化勲章は、作曲家として受賞するのはなんと
60年ぶりで、二人目でした。

その際は、現役として今後も大衆の為に音楽活動を通じて
頑張っていきたいと意欲を見せていました。

そして、今年2017年2月16日、神奈川県藤沢市の自宅で
倒れているのを家族に発見されました。

まさか船村徹さんがこんなに早く亡くなるとは・・!

日本音楽界にとっては、惜しい方が亡くなったと
悲しみに包まれています。

船村徹の嫁と息子

船村徹さんのお嫁さんは、元歌手の能沢佳子さんで
大変美人の方です。

能沢佳子さん南国情話という曲が有名です。

その他「乙女心は花かしら」「あなたが帰る日」などが
あります。

僕は聞いたことはありませんが、とってもきれいな
歌声だそうです。

息子さんは、今回喪主を務める長男で
同じ作曲家の蔦将包(つたまさかね)さんが
います。

その他にも。長女は作詞家の真名杏樹さん
次女の、元女優の福田渚子さんがいます。

素晴らしい音楽一家でした。

船村徹さんのご冥福を祈ります。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする