越後晴哉の身長・体重や小学校はどこ?所属チームが凄い!

今日は、小学生にしてカレを天才ドリブラー
言わしめる、越後晴哉君を紹介します。

現在小学生の、越後晴哉君はサッカースクールブラジルエスペランサで
学び訓練を受けています。
特にドリブルは、絶賛されています。

そんな、越後晴哉空の身長体重?

小学校はどこなど、気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク


越後晴哉くんのプロフィール

越後晴哉(えちご はるや)

生年月日:2005年4月14日

出身地:青森県八戸市

身長:122cm

体重:20kg

足のサイズ:20cm

サッカー歴:1年4ヶ月

所属チーム:ブラジルサッカークラブ・エスペランサ

憧れの選手:ネイマール(バルセロナ)

データーは全て2014年10月時点

映像をみると、大人顔負けのドリブル
見事デフェンダーをかわしています。

越後晴哉くんは、八戸サッカースクール(小学専門)から
世界へと、ブラジルのエスペランサでサッカーを学んでいます。
将来の夢は、日本代表になりワールドカップで
活躍することですと語る、まだ小学生の

越後晴哉くん、ニックネームはハルと言われ親しまれています。

ドリブルの凄さは、両足を使って繰り出したボールを自由自在に
操り、相手デフェンダーも舌を巻くほどです。

家族は、両親と妹さんがいます。
映像の中で、妹さんと思われる人と
ドリブルの練習をしています。

越後晴哉くん、小学校はどこに通っているのか
明かされていません。

しかし、スクールの住所の近くだと考えると
青森県八戸市新井田小学校ではと思います。

スポンサードリンク


越後晴哉くん、所属ブラジル・エスペランサ

エスペランサは、サッカースクールで小学生を対象にしていて
名前を、ブラジルクラブエスペランサと言います。

スクールに入って1ヶ月は基本をしっかり教えます。

まず、実践に必要な基礎から試合での応用へと進んでいきます。

同スクールは、小学専門ですが最近では低学年や保育園児も
増えてきたいます。

この年令の子供は進化や変化が早く。
最初は、ドリブルしかできなかった子供が、パスを
選べるようになり、同スクールでは子供扱いはせずに
大人扱いで指導しています。

中学生は、クラブチームディッセンボルバ-エフューティーと言います。

ここで育った選手は、積極的に海外に排出しています。

エスペランサは、青森県八戸市新井田にあります。

ブラジルクラブエスペランサは、体験入学も随時行ったいて
人材の発掘に力を入れています。

まとめ

越後晴哉くん様な、凄い
サッカー少年が多く排出しているのは

小学生の頃から本格的な
サッカースクールがあったってことは

日本も、ワールドカップを目指す
選手が、今後は多く出るように
段々と構築されたきた。

小さい頃より本格的にサッカーに取りくんでいけば
ワールドカップで、優勝も夢でない様な気がします。

スポンサードリンク


こちらの記事もどうぞ

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする