ドクターXで手術後に手を当てるのはなぜ!理由や意味を考えた!

ドクターXといえば

米倉涼子主演の人気ドラマ!

今日は、そんなドクターXを見ていて
米倉涼子演じる天才外科医

大門未知子が手術後に
患者の肩に手を当てるシーン

一体なぜ毎回手術後にてをあてるのか
その理由意味を考えてみた。

スポンサードリンク


ドクターXそっと手を当てるのは何故?

ドクターXは、毎回見ていても
感動的な場面や、考えさられるシーン

視聴者を裏切りません。

そんなか、ドクターXを見ていると
手術後、大門未知子が手袋を外し
患者の近くに戻り肩にそっと手を

当てるのは何故なんでしょうか?

ドクター 手術後

個人的には、「よくがんばったね
有難う」と感じに感謝

大門未知子の優しさを感じていますが
あなたはどうですか?

スポンサードリンク


ドクターXで大門未知子が手を当てる理由は?

ドクターX 大門未知子が手術後に患者の
肩に手を当てる理由?

なんの意味が有るのか!

見ている多くの方は、理由や意味について

ある人は「お疲れ様頑張ったね」という
意味だと捉える人がいます。

この考えはあながち間違っていないようです。

米倉涼子さんインタビュー

「手術後患者の方に手を当てるシーンは
ある先生からのヒントからで

私からお願いして取り入れてもらった。

大門未知子が手術後の一番最後に、患者さんの
肩に手を置きます。たとえ嫌な人間であったり
どんな人だろうと、関わった人に対して親身に
なって手術をして「お帰りなさい」「お疲れ様」
という気持ちを持つ」

あったかい人間を意識して演じています。

ここにこのドクターXのテーマを感じるし

いつもクールな大門未知子
実は優しく患者思いだという
人間性を表す大事なシーンなので
はと、私は思っています。

大門未知子が手術後、患者の肩にてをあてる
理由としてもう一つ

自身の手術を確かめるため
体温と脈を確認している
ではと

人によっては、どんなことでも見方に
違いがありますが

ただ、大門未知子が手術後患者の方に
手を当てるシーン。

ドラマ「ドクターX」にはなくてはならない
シーンではないでしょうか?

意味は?

ドクターXのパート2の最終回
大門未知子は「患者さんと一緒に
戦って行きたい」と言っています。

このことから、手術室で一緒に戦った
患者さんに対する労いの意味

手術後患者さんの肩に手をおくという
動作動作だったのではと私は思って
います。

更に、ドクターXの最初の頃は
手術後患者の肩に無言で手を当てて
いたが

最近では、何か「一言」いっているような気がします。

無言の方がなんとなくグッと来ていたのに
何故台詞を入れる意味があったのか

より患者への思いを伝えるためで
よりしっくりいくという方もいます。

今後も、ドクターXを見ていて感じることも
あると思うので

気づいた事を書いていきたいと思います。

それでは、今日はこの辺で
有難う御座いました。

スポンサードリンク


おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする